ニュージーランドへの直行便を徹底紹介!ANAやJALでも行けるの!?

ニュージーランドへの直行便を徹底紹介!ANAやJALでも行けるの!?

この記事では、日本からニュージーランドへ乗り換えなしで行ける直行便に焦点を当てて紹介していますので、今後利用する予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

ざっと紹介するのは以下の事になります。

・日本からの直行便を全て紹介して?

・日本から現地到着までのフライト時間はどれくらい?

・日本のどの空港からニュージーランドのどの空港へ直接行けるのか?

・日系の航空会社ANAやJALで行くことができるのか?

・直行便の往復航空券の値段は?

↑この辺の疑問に答えながら、日本からニュージーランドへの直行便について書いていきます。



ニュージーランドへの直行便


画像: NZ Herald

日本からニュージーランドへの直行便は、ニュージーランド航空の1社のみの運航です。

過去にもニュージーランド航空のみが直行便を運航しており、おそらく将来的にもニュージーランド航空が独占的に直行便を運航するものだと思われます。

ですので、もし日本から乗り換えなしでニュージーランドへ渡航しようと考えている方は、現状ニュージーランド航空を必ず利用せざるを得ない状況になっています。

公式サイト:ニュージーランド航空

ANA(全日本空輸)では行けないの?

残念ながらANAは直行便を運航していませんので、結論としてANAでは行けません

ただ、ANAはニュージーランド航空と同じ航空会社グループ「スターアライアンス」に属していますので、互いに良好な関係で、よくコードシェア便などを運航しています。よって、ANAの公式ホームページからもニュージーランド行きの航空券を予約することができてしまいます。

また、ニュージーランドへの直行便は運航していないものの、日本から一度オーストラリアのシドニー空港へANAで向かい、そこでニュージーランド航空に乗り換えてニュージーランドへ向かうことは可能です。

航空券の値段的には少し高くなってしまうものの、出来るだけ長距離フライトは日系の航空会社が良いという方には、非常におすすめできるルートとなります。

ちなみに、同じスターアライアンスグループということで、貯まっているANAのマイルをニュージーランド航空の特典航空券に交換することができますよ!

JAL(日本航空)では行けないの?

残念ながらJALは直行便を運航していませんので、結論としてJALでは行けません

ANAとは違い、航空会社グループも異なりますので、マイルの利用も不可です。

ただ、こちらもJALでオーストラリアのシドニー空港まで行き、そこからニュージーランド航空やカンタス航空などに乗り換えて行くことはできます。しかし、乗り換えがありますので旅行初心者の方には向いておらず、航空券の値段も高くなります。

JALの公式ホームページではニュージーランドまでの航空券は手配できませんので、もしシドニー経由の航空券を確保するなら、日本からシドニー空港、シドニー空港からニュージーランド、と航空券を別々に取る必要がありますね。

日本からはどの空港から行ける?

日本からは以下の3つの空港から直行便が出ています。

成田国際空港

羽田空港

関西国際空港

成田国際空港に関しては、毎日運航で18時30分発となります。

羽田空港に関しては、月・木・土の週3運航で、22時5分発となります。

関西国際空港に関しては、水・金・日の週3運航で21時発となります。

ちなみに羽田空港発着の便は、急遽のエンジンメンテナンスのため、2018年10月28日から2019年5月6日の間は運休となり、代わりに成田空港発着の便に振り替えられています。

また、関西国際空港発着の便は、ニュージーランドが夏のオンシーズンとなる、10月後半から3月後半(毎年異なる)までの季節限定での運航となっています。

ニュージーランドへはどの空港に着く?

ニュージーランドの北島にあるオークランド国際空港に、日本からの直行便は到着します。

以前は南島のクライストチャーチへの直行便も飛ばしていたのですが、現在はすでに廃止されています。

オークランド国際空港がある大都市オークランドは、ニュージーランドの首都ではなく、首都は同じく北島にあるウェリントンという街になります。よって、首都をはじめ南島など違う都市へ行く場合には、オークランド空港で乗り換える必要があるのです。

日本からニュージーランドの飛行時間

直行便「ニュージーランド航空」の飛行時間は、10時間50分となっています。

一応、羽田空港と関西国際空港の場合には10時間40分と記載されていますが、誤差の範囲内ですので、3つの空港いずれから乗っても飛行時間は変わりません。

ちなみに、参考程度にオークランド国際空港からニュージーランドの主要都市への飛行時間を書いておきます。

オークランド – ロトルア:45分

オークランド – ウェリントン:1時間5分

オークランド – クライストチャーチ:1時間25分

オークランド – クイーンズタウン:1時間55分

もし日本から上記の都市へ乗り継ぐ場合には、日本からニュージーランドの飛行時間+乗り継ぎ時間+オークランドから各都市への飛行時間が掛かります。



直行便の往復航空券の値段は?

【通常運賃の値段】

成田国際空港

エコノミークラス
113,000円〜

プレミアム・エコノミー
238,000円〜

ビジネス・プレミア
408,000円〜

羽田空港

エコノミークラス
113,000円〜

プレミアム・エコノミー
238,000円〜

ビジネス・プレミア
408,000円〜

関西国際空港

エコノミークラス
108,000円〜

プレミアム・エコノミー
238,000円〜

ビジネス・プレミア
408,000円〜

ニュージーランド航空の往復航空券の通常運賃は上記の通りとなっています。

往復運賃になりますので、片道にして計算すると約5.5万円です。

フライト時間的には欧州へ行くのと同じくらいになりますから、それで上記の値段というのは納得できるかと思います。とにかく飛行機に乗っている時間が長いですから、少し高めになってしまうのは仕方ありません。

また、乗り換えがないことや、ニュージーランド航空の評判が良いことなどを考えれば、十分満足できる値段になっていますね。

そして、ニュージーランド航空は定期的に運賃が大幅割引になるセールを実施していまして、その期間中に往復航空券を購入することができれば、とてもお得な値段でニュージーランドへ行けてしまうのです!

 

【セール運賃の値段】

成田国際空港

エコノミークラス
79,000円〜

プレミアム・エコノミー
183,000円〜

ビジネス・プレミア
288,000円〜

羽田空港

エコノミークラス
79,000円〜

プレミアム・エコノミー
183,000円〜

ビジネス・プレミア
288,000円〜

関西国際空港

エコノミークラス
79,000円〜

プレミアム・エコノミー
183,000円〜

ビジネス・プレミア
288,000円〜

上記はセール時の割引運賃になります。

毎回セールによって値段は変わりますので一概に言えないのですが、安くて79,000円〜で高くて98,000円という感じです。

プレミアム・エコノミー、ビジネス・プレミアと、座席のランクが上がれば上がるほど、セールになると割引される額が大きくなりますのでよりお得になります。

ですので、もし2つの上級座席に乗ってニュージーランドへ行かれる場合には、ぜひセールの時に航空券を購入することを強くおすすめしますね!

運賃が割引になるセールはいつやるの?

ニュージーランド航空が定期的に実施する割引セール。

事前に予告されるわけではなく毎回突然始まるのですが、大体例年通りに実施されることが多いため、過去のデータを見ればある程度やる時期というのは予測することができます。

実際、ほぼ毎月なんらかのセールが実施されていることが多いのですが、そのセール情報は以下のページでほぼ毎日更新で載せていますので、興味のある方はぜひそちらのほうを確認してみてください。

セールに関しては詳しく書いており、現在実施されているセールの情報から次回のセールの予想、また、過去数年分のデータも全て載せていますので、定期的に確認しておくと安く航空券を買うことができますよ!

ほぼ毎日更新で現在実施されているセールや次回のセール情報、お得な情報を発信していますので、興味のある方はぜひ以下を参考にしてみ...



まとめ

ニュージーランドへの直行便に焦点を当てて紹介しました。

おそらく多くの方が疑問に思っていることが解決できたのではないかと思います。

日本人からすると日系の航空会社で行けないのは残念な点ではありますが、ニュージーランド航空は世界的にも、そして日本人旅行者からも割と評判のいい航空会社ですので、まるで日系の飛行機に乗っているかのように快適に行くことができますよ!

ニュージーランドへの唯一の直行便

CTA-IMAGE 日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しているニュージーランド航空。

フライト時間は片道約11時間で、日本からは成田空港、羽田空港、関西空港(季節便)の3ヶ所から行くことができます。

世界航空会社ランキングでも毎年上位にランクインしており、実際に搭乗した日本人からの口コミ・評価も高いため非常にオススメです。