NZ航空の割引セール実施中!エコノミーが往復89,000円から!割引運賃適用の航空券はこちらをクリック!

1円でもお得にするニュージーランド旅行の節約術を紹介!

1円でもお得にするニュージーランド旅行の節約術を紹介!

海外旅行はどうしてもお金が掛かってしまうものですが、なんとか節約して1円でも安く旅行したい人も結構多いはずです!

初めて新しい国へ旅行に行く際には、まだ知識もほとんど無いですし、そもそもどんな場所かも分からないので、節約をしようと思ってもガイドブックに載っている以上の情報は手に入らないため、なかなか節約するのは難しいのです。

そこで、新しい国へ旅行に行く前に、もし日本にいながらネット上ですでにその国を旅行したことのある人やその国に住んでいた人の「お金」に関する情報を手に入れられたら、あらかじめ節約して旅行できると思いませんか?

ニュージーランドに実際に住んだことがあり、日本に帰国後も旅行で何度か訪れたことのある私が、ニュージーランド旅行を少しでも安くする節約術を紹介してみたいと思います。



都内から成田空港へ向かう際の節約術

多くの人は、ニュージーランドへ行く際にニュージーランド航空を利用するかと思いますが、日本からは成田空港羽田空港関西国際空港(季節限定)の3つの空港から行くことができます。

羽田空港は都心からも近いですし、関西国際空港もラピートなどを利用すれば大体1,000円くらいで行けてしまいますが、成田空港は都心から少し離れており、行き方は沢山ありますが、少しお金が掛かってしまう…..と多くの人は思っています。

しかし、都心から成田空港までは、実はバスを利用することで最安900〜1,000円で行けてしまうのです!(←私自身ももう何度も利用してます♪)

最安値は東京シャトルの900円!

近年、日本にも航空券が安いLCC(格安航空会社)が相次いで参入していますが、そのバス版とも言えるLCCバスなるものが登場しているのはご存知でしょうか?

成田空港と都心を結ぶバスには片道900〜1,000円で乗れるバスが3つほどありまして、その中でも「東京シャトル」というバスは2日前までにネットで予約・決済をすれば900円で乗ることができるのです!

東京駅/銀座〜成田空港がたったの900円ですよ!?

どれほど安いかはわかると思います。

また、2日以内の場合には予約しても、予約しないで当日直接乗ったとしてもわずか1,000円になりますので安いですよね。それまでは数千円4,000円ほど払って電車で行っていたのですが、このバスを知ってからはもうこのバスしか利用してません^^;

もちろん安いということで、大変多くの人が利用しますので、できるなら事前に予約することをお勧めします!直接行って乗ることも可能ですが、お目当ての時刻のバスに乗れないことも十分考えられますので、予約は不可欠です。

時刻表や乗り場の案内、バスの予約は公式サイトをご覧ください。

公式サイト:東京シャトル(京成高速バス)

選択肢は他にも!1,000円バスはあと2社!

紹介した「東京シャトル」のほかにも実は2つほど1,000円で成田空港まで行けるバスがあります。

運賃は900円ではなく1,000円になりますが、まぁとにかく安いですよね^ ^

「THEアクセス成田」と「成田シャトル」の2つになりますが、出発する場所がどちらも異なりますので、もし乗る予定の人は都合の良いほうを選べばいいと思います。

・THEアクセス成田:東京駅と銀座駅から出発

・成田シャトル:大崎駅から出発

所要時間は大体1時間〜1時間15分ほどになっていますが、渋滞などをしていると時間がかかってしまいますので、余裕を持って乗る必要はあります。時間的には10分程度THEアクセス成田のほうが早くなっています。

公式サイト:THEアクセス成田

成田シャトルの場合は事前にネットからの予約が必要になります。

出発地が大崎駅の成田シャトルのほうが、THEアクセス成田よりも空いている傾向がありますので、のんびり行きたい方などにはぜひ成田シャトルがおすすめです!

公式サイト:成田シャトル(Willer Express)

若い人ならリムジンバスでもまぁまぁお得!

成田空港へは首都圏の色々な場所から「リムジンバス」というものが発着しており、成田空港と往復運行を行っています。

料金的には先程紹介したLCCバスと比べるとだいぶ割高になっていまして、同じ路線でも数千円単位で違ってきます!

ただ、12歳から25歳までの人は年齢を確認できる身分証明書を提示れば、運賃が安くなる「割引ユース運賃」を利用することができますので、それならまぁまぁ安くなります。

例えば、横浜にあるYCAT(=横浜駅)から成田空港までの片道運賃は、本来ならば大人1人3,600円掛かるのですが、この割引運賃を利用すればたった2,000円で行くことができ、1,600円も節約することができるのです♪

ちなみに、リムジンバスはLCCバスと比べるとかなり空いている傾向がありますので料金は高いものの、かなりくつろいで行くことができますよ!



ニュージーランドへの飛行機代を節約


画像: Newshub

日本からニュージーランドへ行く方法はいくつかあるのですが、最も快適に行くことができるのはニュージーランド航空を利用する方法になります。

この航空会社だけが唯一日本からニュージーランドへの直行便を運行しているので、どこか第三国で乗り換えをする必要がなく直接日本からニュージーランドへ向かうことができ快適です。

しかし、このニュージーランド航空の通常運賃は往復大体11万円前後となっており、なかなか高額です。飛行時間約11時間の長距離フライトですから仕方ないと言えば仕方ないのですが、それでもちょっとお高め。

ただ、ニュージーランド航空が定期的に実施している運賃セール時に航空券を購入すれば10万円以下で、最安7万9千円で往復航空券を手に入れることもできますので、行く予定の人はぜひセール時に購入することをおすすめします!

以下のページではほぼ毎日更新でセール情報を紹介していますので、ぜひ参考に♪

※9/22現在、ニュージーランド航空の運賃セール実施中!往復9万8千円から!割引運賃適用の航空券はこちらから。ニュージーランド航空は大...

他の航空会社でニュージーランドへ!

もし第三国での乗り換えがOKな場合には、もう少し安く行く方法があります。

近年はLCCなども就航しているため、できるだけ安い航空会社を乗り継いで行けば、それなりに安く行くことが可能です。

正直、乗り換えありですと行き方は膨大にあるのですが、それを簡単に調べられるのがSkyscanner(スカイスキャナー)というサイトになりまして、こちらで出発地/到着地/日付などを入力すれば、最安値の航空券を表示してくれますので、興味のある人はぜひ一度チェックしてみましょう!

たまに日本とニュージーランドの往復運賃が5万円代の航空券を見つけることが出来ますが、その多くは台湾や中国を経由(乗り換え)するものです。

乗り換えは半日以上空港などで待つ必要があったりしますので、海外初心者の方や乗り換えが不安な方にはあまりおすすめできませんが、どうしても安く行きたいというのでしたら色々探してみるのもアリですね!

 

オークランド空港から市内中心へ行く際の節約術


画像: Angle

オークランド空港へ到着したら恐らく多くの人はひとまずオークランドの中心地へ向かうと思います。この際にどの乗り物を利用するかによって運賃を節約することができます。

最も安く行く方法は、現地の人が普段使っているバスと電車を乗り継いで向かう方法ですが、これは旅行者にとっては全くおすすめできず、スーツケースなど荷物がある人や英語が話せない人にはとてもハードルが高いです。

また、時間もそれなりに掛かる場合がありますので今回はここでは紹介しません…。

空港から市内中心地へ行く場合に考えられる交通機関は、主にタクシーエアポートバスシャトルバスの3つが考えられます。レンタカーを借りる人は運転していけば良いのですが、運転しない人は基本的にはこの3つの中から選ばなければなりません。

タクシーで市内まで行く

最も早く市内中心地へ行くことができる方法はタクシーを利用することですが、これはお金が結構掛かるため、節約という観点からいえば全くおすすめできません。

あくまで、タクシーは急いで行きたい人や市内中心地ではなく郊外へ行きたい人におすすめであって、旅行者が利用するには少し遠いですので、それならバスを利用したほうが断然安くなりますね!

ちなみにタクシーの数は多く、オークランド国際空港を出ればたくさん並んでいますので、すぐに乗ることができますよ。

スカイバスで市内まで行く

この3つの交通機関のうち、最も楽で運賃が比較的安いのがスカイバス(SkyBus)というバスになります。

このバスは、365日24時間、10〜30分(時間帯による)おきに空港と市内中心部を走っていますので、旅行者にとっては非常に便利で、多くの人が実際に利用しています。

運賃は片道はたったの18ドル=1,350円(1ドル=75円計算)となっており、とてもお得です。所要時間は道の混雑状況にもよりますが大体40-60分で市内へ到着。

チケットはネットで事前に買うこともできますし、空港を出たところにあるバス乗り場のところで乗車券を買えます。

ちなみに、バスの車内は無料Wi-Fiが利用できますので、ネットをしていればあっという間に到着です!

シャトルバスで市内まで行く

シャトルバスは簡単に言うと乗り合いバスになります。

他の乗客と一緒に乗って行くため、直接自分の目的地へ行ける場合もあれば、遠回りして他の乗客を降ろしてから行く場合もあり、多少時間が掛かるかもしれません。

運賃は安ければ12.59ドルから乗ることができますが、乗客の数などによっても異なるため、結果的にエアポートバスを使った方が安くなるかもしれません。

 

スマホの通信費を安くする節約術

ニュージーランドへ旅行に行く際には、SIMロックの掛かっていない「SIMフリーのスマートフォン」を持っていくと通信費を節約することができます。

日本のスマホを持って行って国際ローミングをしてしまうと、後で莫大な金額を請求される可能性があります。

SIMフリーのスマートフォンを持っていれば、現地のSIMカードを挿入するだけで現地の回線を使うことができ、高額な請求は来ません。ニュージーランドにはいくつか通信会社があるのですが、なかでも2degreeという通信会社が「NZ Travel SIM」というものを販売しており、基本的に無料でSIMカードを手にすることができます。

2degreeショップでSIMカードを貰ったらお金をチャージして通信することが可能になるのです。

無料Wi-Fiを上手く利用して節約する

ニュージーランドは日本よりも至る所で無料Wi-Fiが飛んでいるので、Wi-Fiがある場所をしっかり把握しておけば、わざわざSIMカードを購入しなくてもネットを使うことが可能です。

ただ、移動中などは利用できませんので、いつどこにいても使えるようにしたいのでしたら、先程紹介したSIMカードの利用をおすすめします。

北島の大都市オークランドで無料Wi-Fiが使える場所は以下の記事で紹介していますのでチェックしてみてください。

ニュージーランドは日本と比べると通信環境はあまり良くないのですが、オークランドの街には無料で使えるWi-Fiスポットがいくつかありま...

ニュージーランドでWi-Fiが利用できる場所は、主に図書館マクドナルドスターバックスなどのカフェ街中などが挙げられます。また、宿泊先でもほとんどの場所でWi-Fiが飛んでいますので、夜などもわりと快適にネットを利用することができますよ!

ルーターをレンタルして持っていく!

正直、街中やホテルにあるWi-Fiはその時そこにいないと利用できませんし、SIMカードの現地購入もなかなかハードルが高いですので、海外旅行に慣れていない人や英語が話せない人にとっては難しいのが現状です。

そこで、いま実際に多くの人が利用しており、そのような初心者の人でも気軽に利用できるのがモバイルWi-Fiルーターを日本の空港でレンタルする方法になります。

出発する空港のチェックインする階には、実はモバイルWi-FIルーターのレンタルを行なっているカウンターがありまして、そこでルーターを借りて現地に持って行くだけでネットを使えてしまうのです!

モバイルWi-Fiルーターはポケットサイズの小さな機械で、これの電源をON/OFFすることによってネットを使うことができます。これさえ持っていれば、観光途中でも気軽にネットに接続できますので、超便利です。

料金は大体1日1,000円前後となっており(プランによる)、そこまで高くはありません。

おすすめなのは知名度抜群のイモトのWiFiになります。

公式サイト:イモトのWiFi

また、ニュージーランド旅行のネット事情は以下のページを参考に。

ニュージーランド旅行へ行く際に気になるのが、現地でのネット事情はどうなっているのか?特に海外旅行に初めて行く方であれば、以下の...

 

NZ国内を移動する場合の節約術


画像: Fluro Design

ニュージーランドはそこまで大きな国ではないですので、1回の旅行で北島・南島をそれぞれ周遊することは十分可能です。

レンタカーを借りて自分で運転する場合には節約のしようがないのですが、NZの交通機関を利用して旅行しようと思っている場合には、何に乗るのかによってだいぶお金を節約することができます。

ニュージーランド国内を移動しようと思ったら飛行機電車長距離バスが挙げられますが、この中で最も運賃が高いのは言うまでもなく飛行機になります。

そして、最も節約することができ利便性が高いのは長距離バスになります。

飛行機を利用する

国内を飛行している航空会社は主にニュージーランド航空ジェットスターになり、前者は通常の航空会社で後者はLCC(ローコストキャリア)となります。

例えば、北島の大都市オークランドから南島のクイーンズタウンへの片道の運賃を調べてみると、大体平均してLCCであるジェットスターの方が2,000〜3,000円安いといった感じです。

ただし、ジェットスターは1日に数本しか運行していないため、1日で運行数が多いのは断然ニュージーランド航空となります。

もし飛行機を利用してNZ国内を移動するのなら間違いなくジェットスターを利用することをおすすめしますし、多少は節約できます。

電車を利用する

ニュージーランドは日本みたいに電車が発達しておらず、国内を走っている電車はほとんどが観光用列車だと思った方がいいでしょう。よって料金はとても高くなってしまいますので、列車の旅でもない限り電車に乗って移動するのは少しも節約になりませんので注意が必要です。

長距離バスを利用する

ニュージーランド国内を移動しようと思ったら、長距離バスが最も節約できる方法です。

長距離バス会社はいくつかありますが、元々国が運営していたバス会社InterCityは、ニュージーランド国内全土で運行しているため、主要な観光地以外の場所にも簡単に行くことができます。

しかも、バスの運賃はとても良心的な値段で、早めに予約する&タイミング次第では、なんと1ドルで乗れてしまうのです。

他にもnakedbusなどのバス会社でも1ドルで予約することができたり、Atomic Shuttlesなどが安い運賃を提供しているので利用してみるのもいいかもしれません。この1ドル運賃よりさらに節約する方法はありませんので、まさに最強の節約術と言えます。

もし1ドルで全てのバスを予約してしまえば、ニュージーランド旅行で掛かる移動費はまったくありません。1ドルの運賃で予約するには早めに予約することが必須となり、何ヶ月も前からwebサイトにて予約できるため(英語)、計画を早く立ててしまえばかなり節約することができるのです。

移動に関する節約まとめ

ニュージーランドの北島から南島へ、南島から北島へ移動する場合には(例えばオークランドからクイーンズタウンなど(また逆もあり))正直、ジェットスターに乗った方がお得ですし、時間も節約できます。

それか、もし時間が掛かってでも安く行きたい場合にはオークランドからウェリントンまで長距離バスで1ドル、北島から南島へ渡るフェリーで65ドル、ピクトンからクライストチャーチまで1ドル、クライストチャーチからクイーンズタウンまで1ドル、合計68ドル(=4896円(1ドル72円計算))で行くことも可能です。

それ以外にも、北島だけ、南島だけを移動する場合には長距離バスを利用することによって、だいぶ移動費を節約することができるのです。



オンシーズンを外して節約する


画像: Thrifty Tours

旅行には「オンシーズン」や「ハイシーズン」というものがあり、日本にもお盆やゴールデンウィークと言った観光地が混み合う時期がありますよね。

北半球がオンシーズンやハイシーズンは「夏」になり、この時期は夏休みの人が多く、どの国も観光客でいっぱいになります。

一方、南半球にあるニュージーランドのオンシーズンと言えば、季節が日本とは真逆なので、12月〜2月の期間が夏の季節になりオンシーズンです。この時期はとても混み合いますし、それと同時に、宿や飛行機代などは全て高くなります。

日本でもよくお盆などに航空券を予約すると普段の何倍もの運賃が掛かってしまいますが、まさにあれと同じような現象がニュージーランドのオンシーズンにも起きるのです。

ですので、この時期に旅行へ行くと何もかも高いため、節約して旅行がしたくてもすることができなくなってしまいます。なので、シーズンをあえて外して「春」や「秋」などを狙って行くと節約することができるのです。

 

宿泊費を節約する


画像: www.therees.co.nz

ニュージーランドには日本とは違ってYHAなどを代表とするユースホステルがたくさんあり、大体1泊30ドル(=約2,700円)くらいで泊まることができます。

もちろん個室ではなく8人や6人、4人と言った共同部屋で、他国の旅行者との交流もできます。また施設内にはキッチンやトイレ、シャワーなどが備わっており、受付ではツアーの申し込みなどもすることが出来てとても便利なのです。

公式サイト:YHA(英語)

他にも、Airbnbをはじめとする民泊に関してもニュージーランドには沢山のホストがいます。

これを利用すれば現地の生活感が味わえるだけでなく、普通のホテルよりもはるかに安く泊まることができるのです。英語が話せないと多少苦労するかもしれませんが、安く泊まりたい人は探せば探すほど安く提供している家があるので、ぜひ見つけてみて下さい。

公式サイト:Airbnb

そして、ニュージーランドはアウトドア天国、キャンプ天国というのはご存知ですか!?

ニュージーランド全土にキャンプ場がありますので、テントを持参してテントを張って泊まれば、掛かる宿泊代はテント代のみ!普通に宿に泊まるよりも格安なことは間違いありません。

【関連記事】

画像: Judy Kundertニュージーランドには固有の動植物が沢山存在しており、自然保護の観点から他国からの動植物の持ち込みに対してとて...

もちろん、普通のホテルでもセールなどを行っている場合があり、通常よりもとてもお得な料金で宿泊できる場合もありますので、Expedia(エクスペディア)booking.comなどをチェックしてみるのも良いでしょう!

 

食費を節約する


画像: ASC Architects

せっかくニュージーランドへ旅行するのですから、「お金の事は考えないで美味しいものを食べて欲しい!」というのが本音ですが、やっぱり食費にもそれなりにお金が掛かってしまいますので節約したい人は多いでしょう。

まず、ニュージーランドで日本食を食べるのは節約から遠ざかってしまいます

ニュージーランドに限らず、海外の日本食レストランは日本で食べるよりも料金は高いのが一般的で、日本食が恋しいからと言って現地で食べてしまっては出費が増えるばかりですので、日本食レストランはなるべく控えるようにしましょう。

そして、マクドナルドなどのファストフード店はニュージーランドにもあり、これらも物価が高いニュージーランドで毎日のように食べてしまうと食費は増えてしまいます。

例えば、ビッグマックのコンボ(セット)を食べようと思ったら700円くらいしますし、日本と同じがそれ以上の場合がほとんどですので、ファストフード店で食べる回数は減らした方が節約はできます。(ちなみに、マクドナルドのソフトクリームはとても安いです♪)

また、ニュージーランド食を代表する「ムール貝」や「ラム肉の◯◯」などの料理を提供しているレストランは基本的に高く、1回のランチで1,500円以上なんていうことがほとんどです。

ニュージーランドに来て「美味しいものを食べるな」とは言いませんが(ぜひ食べて下さい!)、そのようなレストランへ毎回行ってしまうと節約することはできません。

じゃーどうすれば?

結論を言いますと、基本的に自炊することにより食費を節約することができます

ユースホステルでも民泊でもキッチンが付いていますので、近くのスーパーマーケットなどで食材を買って自分で料理して食べればそれなりに安く抑えることができます。田舎町では小さなマーケットも開催されており、フルーツなどが安く手に入ることがあります。

 

アクティビティ代を節約する


画像: www.queenstownnz.co.nz

ニュージーランドはアクティビティ天国なので多種多様なアクティビティが用意されており、ぜひ、日本では気軽に経験できないようなことをどんどん体験して欲しいですし、個人的にはココだけはケチって欲しくないですね。

ただ、ニュージーランドのアクティビティ代は旅行者向けなので、何をやるにしてもとても高いのが現状です。

バンジージャンプなどたった1回飛ぶだけで1万円以上など普通にありますので、沢山のアクティビティを挑戦しようと思ったら、お金を沢山持って行かなければなりません…。

そこで、今回は節約ということで、あまりお金が掛からないニュージーランドを代表するアクティビティを紹介したいと思います。

節約派の方におすすめなアクティビティ

ニュージーランド国民の最も好きなアクティビティと言えばトレッキングです。

まさにニュージーランドが「トレッキング大国」と呼ばれている理由がココにあり、ニュージーランド国内には無数にトレッキングコースが整備されており、誰でも気軽に歩けるコースもあれば、上級者向けのコースまで、その数は本当に沢山あります。

南島のフィヨルドランド国立公園内には「世界一美しい散歩道」と称されているミルフォード・トラックを始め、ニュージーランドの見事な大自然を体感しながら歩くことができるコースが沢山あるため、ぜひ一度は歩いてみたいと世界中から観光客がやってきます。

トレッキングコースはニュージーランド全土にあると言っても過言ではないので、ガイドブックやネットなどで歩きたい場所を探して歩いてみると良いでしょう!これがニュージーランドの大自然を最も味わえる究極のアクティビティと言えます。まったくお金は掛からず、コスパ抜群です!



早めの予約で節約する

もしニュージーランド旅行の計画を1年前から立て、日本でwebサイトを経由して予約するとあらゆるものが安く予約でき、節約することができます。

先程も紹介したように、特に長距離バスに関しては早ければ早いほど、たった1ドルでバスに乗れてしまうのです!これを上手く組み合わせれば、たった数ドルでニュージーランド国内を周遊することだって可能なのです!

何事も早めの予約が最終的に節約に繋がりますので、ぜひ早めの予約を心がけてみてください!

唯一の直行便はNZ航空

CTA-IMAGE 日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しているニュージーランド航空。

フライト時間は片道約11時間で、日本からは成田空港、羽田空港、関西空港(季節便)の3ヶ所から行くことができます。

世界航空会社ランキングでも毎年上位にランクインしており、実際に搭乗した日本人からの口コミ・評価も高いため非常にオススメです。