NZ航空の割引セール実施中!エコノミーが往復99,000円から!割引運賃適用の航空券はこちらをクリック!

テカポの日帰り観光は可能?クライストチャーチやクイーンズタウンから行く!

テカポの日帰り観光は可能?クライストチャーチやクイーンズタウンから行く!

ニュージーランドで日本人に絶大な人気がある観光地といえば「テカポ」。

昼間はミルキーブルー色をしたテカポ湖やその湖畔に建つ素敵な教会、近くの展望台などを散策、夜には世界一とも言われる星空や天の川を見ることができます。

今回は、そんな壮大ですばらしい自然を体感できるテカポへの日帰り観光が可能なのかについて詳しく書いていきたいと思います。



テカポへの日帰り観光は可能なのか…

日帰り観光は可能だけど、最低でも1泊はして星空は見ておきたいところ

出発地によってはテカポでの滞在時間が短くなりゆっくり観光できない

出発地によってはバスの運賃が高くなるデメリットもある

 

テカポへの日帰り観光は可能

結論から言ってしまえば、テカポへの日帰り観光は十分可能ですが、出発する町によっては現地での滞在時間が極端に短かくなったり、また、交通費が高くなってしまうことがあります。

(ここでは移動手段として最もポピュラーな「長距離バス」を使うことにします)

テカポへ行くには以下の2つの町から出発できます。

クライストチャーチからテカポ

クイーンズタウンからテカポ

両方の町から朝早くに出発すれば、夜までには出発した町に戻ってこれます。

ただ、所要時間はどちらも3時間以上掛かりますので、もし日帰りで帰ってくるとなると6〜7時間ほどバスに乗っていることになり、これは結構退屈です(T . T)

それでは気になるバスの時刻表と運賃を見てみましょう!

クライストチャーチ → テカポ

テカポ → クライストチャーチ

クイーンズタウン → テカポ

テカポ → クイーンズタウン

多くの日本人も利用するポピュラーな長距離バス「InterCity(インターシティ)」の公式サイトで、大人1人でランダムな日程で検索した結果が上のものになります。

簡単にまとめたのがこちらです↓

・クライストチャーチ → テカポ

7時30分 → 11時(180ドル)

8時30分 → 12時5分(38ドル)

・テカポ → クライストチャーチ

12時50分 → 16時45分(34ドル)

15時45分 → 19時20分(165ドル)

・クイーンズタウン → テカポ

7時30分 → 15時40分(181ドル)

8時5分 → 12時5分(33ドル)

・テカポ → クイーンズタウン

11時30分 → 18時30分(193ドル)

12時50分 → 16時40分(37ドル)

運賃が安いほうにピンク線を引いてます。

もう片方の時刻の運賃がなぜ高いのかと言いますと、これは「マウント・クック村」に途中で立ち寄る路線だからです。そのため到着の時刻も大幅に遅くなっているのがわかると思います。

(マウント・クック村はテカポとクライストチャーチの間で立ち寄る)

クライストチャーチから日帰り

・8時30分 → 12時5分(38ドル)→ 12時50分 → 16時45分(34ドル)

最も安く行く場合には朝7時30分に出発し、現地で45分の滞在後すぐに帰ってくる方法があります。さすがに45分の滞在では短すぎると個人的には思いますが、テカポ湖と教会だけ見るというのであればまぁ十分でもあります。

・8時30分 → 12時5分(38ドル)→ 15時45分 → 19時20分(165ドル)

このプランにすれば、3時間40分もテカポに滞在することが可能になりますが、帰りのバス運賃が高いですので、そこがかなりのデメリット!ただ、もしテカポを日帰りで満喫するなら最もおすすめできますね!

・7時30分 → 11時(180ドル)→ 12時50分 → 16時45分(34ドル)

運賃は高いですが、朝のバスをもう少し早くすれば、こちらでも1時間50分滞在することができます。展望台へ行かないのであれば1時間50分の滞在でもアリなのかなと思います。

・7時30分 → 11時(180ドル)→ 15時45分 → 19時20分(165ドル)

現地に4時間45分も滞在できるたっぷりプランです。値段はトンデモなく高くなってしまいますので、正直おすすめしませんが、お金に余裕があって長く滞在したい方向けです。

クイーンズタウンから日帰り

・8時5分 → 12時5分(33ドル)→ 12時50分 → 16時40分(37ドル)

クイーンズタウンからの日帰りは、この時間帯しかありません。残念ながら45分しか現地に滞在できませんので、あまりおすすめできるプランではないですね。



テカポの観光名所とやること

テカポへ日帰り観光の際にやることと行くべき場所は以下3点になります。

・教会とワカティプ湖を眺める&散策(45分でも可能だが物足りない)

・マウントジョン展望台へ行く(片道1〜2時間ほどで個人差あり)

・おいしいサーモン丼を食べる(45分以内)

結論を言いますと、先程紹介した45分間の滞在では全然テカポを満喫できませんので、選択肢からは外していいと思います。

また、やはりテカポに訪れたらテカポの街とテカポ湖を一望できるマウントジョン展望台へは行くべきですので、そうなると3〜4時間は必要になってきます。

 

日帰りはおすすめしない!

テカポへの日帰りはおすすめしません!!!

理由は、やはりテカポの最大の魅力は夜の星空にあるからです!

テカポの星空を見ないで「テカポに行ったことある」なんて言ってはダメです^^;

昼間の絶景と夜の星空を合わせて見るべきですので、日帰りはなるべくなら避けるようにして最低でも1泊、天気のことを考えるなら2泊してもいいと思います。(昼間にすることはなくなりますが….)

当たり前ですが、星空は曇っていたり雨が降っていたら見れませんので、星空が目的な人などは予備日を確保しておいてもいいですね!

理想のプランとしては、クライストチャーチを出発してテカポに宿泊、翌日のお昼頃のバスに乗ってクイーンズタウンに向かうのがおすすめですし、逆に、クイーンズタウンを出発してテカポに1泊し、翌日お昼頃のバスでクライストチャーチへ向かうのもありです。

どちらにしろ、1泊は必ずしましょう^ ^



まとめ

繰り返しになりますが、テカポは本当に壮大な自然を体感できる素敵な場所ですので、ぜひ昼間と夜間の両方を満喫することをおすすめします!

 

関連記事 ニュージーランド南島テカポへの行き方を徹底紹介

唯一の直行便はNZ航空

CTA-IMAGE 日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しているニュージーランド航空。

フライト時間は片道約11時間で、日本からは成田空港、羽田空港、関西空港(季節便)の3ヶ所から行くことができます。

世界航空会社ランキングでも毎年上位にランクインしており、実際に搭乗した日本人からの口コミ・評価も高いため非常にオススメです。