ニュージーランド旅行のお得でオススメなクレジットカード

日本でクレジットカードを使う人は最近増えてきましたが、まだまだ少ないのが現状です。

一方、ニュージーランドを含む海外では、クレジットカードで会計をすることがほとんどでして、服や電気製品など高価なものを買うときはもちろん、ファストフードやコンビニでもカードを使うのが一般的となっています。

もちろん現金で会計することも可能ですが、現金の場合、どうしても我々は現地の小銭に慣れていませんので、会計の時に小銭選びに手間取ってしまい、結果として嫌がられてしまうことが多々あります。

その分、クレジットカードなら暗証番号を入力するだけで会計が終わってしまうのでとても便利ですし、スマートに会計を済ますことができます。



暗唱番号を確認・覚えておく

日本でクレジットカード決済をする際、お店にもよりますが、まだサインをして決済する場合があります。しかし、ニュージーランドではサインすることは一切なく、ほぼ全てが暗証番号を入力することにより会計するのです。

ですので、もしクレジットカードを利用しようと思っている人は、前もって日本でクレジットカードの暗証番号を確認して覚えておく必要があるのです。そうしないと現地で暗証番号が分からずカードを使うことができません。

 

クレジットカードは複数持っていく

もしクレジットカードを1枚しか持っていない場合には、最低でも2枚以上持って行くことをお勧めします。

なぜなら、クレジットカードを盗まれたり失くしてしまった場合、1枚しか持っていないと何もできなくなってしまう可能性があるからです。ですので、安心のためにも複数枚持っていくことが賢明です。

さらに言うと、できるだけ発行会社が異なるカードを持って行くと良いでしょう!

例えば、A社発行のカードを2枚(1枚目は上限額30万、2枚目も上限額30万)持っていたとして、実際に使えるのは2枚合わせて60万円と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実際に使える額は30万円までです。

一方、A社のカード1枚とB社のカードを1枚、それぞれ上限額が30万円だった場合、使える額の総額は60万円になります。

簡単に言うと、たとえ同じ会社のカードを沢山持っていたとしても、使える額は持っているカードの中で最も高い上限額(もしA社のカードを5枚持っていて、1〜4枚は上限額が30万円、残りの1枚は50万円だった場合、使える合計は50万円まで)になります。

このことを知らないと、現地で「あれ?使えない?なんで?」ということにもなりかねませんし、安心のためにも、いくら1枚のカードの上限が高かったとしても、2枚以上持って行くことがオススメです。

 

限度額を引き上げておく

クレジットカードを普段使わない人の多くは、カードの限度額が低く10万や30万というのが限度額になってしまっており、それ以上使うことができません。

あまりお金を使う予定がなくても、何かあった時のために一時的にでも限度額を上げておくことをオススメします。限度額UPはクレジットカード会社に連絡すれば上げてもらえますし、ネットからでも申請は可能です。

そもそも、クレジットカードの限度額を増やす方法は2つありまして、1つは通常の普段使いの限度額を増やすことで、これは一度上げたらずっとその額になります。そしてもう1つが、先程紹介したように海外旅行や高額な買い物のために一時的に限度額を上げる方法です。

限度額を上げる際には審査があるのですが、通年で上げる場合には比較的審査は厳しく、年収などが増えていたりしないと審査に通らず上げてもらえないことがあります。その一方、一時的に限度額を上げるのでしたら審査は緩く、比較的誰でも簡単に上げることができるのです。

ですので、こちらも旅行中に何があるかはわかりませんので、何かあった時のためにもぜひ限度額は上げておくようにしましょう!

 

紛失時のために連絡先を控えておく

紛失時にすぐにクレジットカードの利用を停止しないと悪用されてしまい、あとで高額な請求をされる可能性があります。そのため、もし紛失した際にはすぐにクレジットカード会社に連絡することが必須なので、連絡先が分からないとすぐに連絡できません。

必ず持っている全てのクレジットカードの緊急連絡先を控えておくようにしましょう。

また、連絡先を控えていても連絡できないのでは意味がありませんので、連絡先を控えると同時に現地からしっかり連絡できるように、電話の掛け方などもあらかじめ覚えておくといいと思います。

お店でクレジットカードを使う際には暗証番号を入力する必要がありますが、ネットで物を購入する時などは基本的にその必要はなく、16桁のカード番号や有効期限、さらに裏側の3桁のセキュリティコードが分かれば誰でも決済できてしまうため、いまの時代結構危険です。

ただし、大手の会社が発行しているクレジットカードなどの場合には、盗難された旨を伝えれば補償してくれたりしますし、普段と違うような使い方がされていると悪用されていないか確認の電話がかかってきたりもします。

盗まれたり失くしたりしないよう注意することが第一ですし、その場合に備えて連絡先を控えておき、さらには悪用されてもこちら側がお金を負担することがないように大手が発行するカードを選んでおきましょう!

 

ニュージーランド旅行におすすめなクレジットカード

 

名称:ANA VISAカード

三井住友が発行するこちらのANA VISAカードは、日本の航空会社ANA(全日本空輸)のマイレージが貯められる、とてもお得なカードになっています。

ANAやグループ航空会社(スターアライアンス)の飛行機に乗った際にマイルが貯まるのはもちろん、普段買い物などで付いたポイントをANAのマイルに替えることも可能で、飛行機に乗れば乗るほど、買い物をすればするほどマイルが貯まります。

ニュージーランド航空はANAも加盟している「スターアライアンス」に加盟しているため、実際にニュージーランド航空に乗る際にANAで貯めているマイルを使うこともできますし、逆に往復分のマイレージを貯めることもできます。

マイルがどのくらい貯まるのかは、基本的に飛行機した距離と運賃タイプから算出されますので、日本〜ニュージーランド間の往復で結構なマイレージが貯まります!

ANAの公式サイトによれば、ビジネスクラスに乗った場合、区間基本マイレージに対する積算率は125%になり、エコノミークラスの普通運賃の積算率は100%、割引運賃の場合の積算率は50%になっています。

成田〜オークランドまでは片道5,497マイルとなっており、往復で10,994マイル。

よって、

普通運賃でビジネスクラス:片道で6,971マイル、往復で13,743マイル

普通運賃でエコノミークラス:片道で5,497マイル、往復で10,994マイル

割引運賃でエコノミークラス:片道で2,749マイル、往復で5,497マイル

のマイルが日本とニュージーランドの往復で貯まることになるのです。

ニュージーランドへ行く際には、多くの方がニュージーランド航空を利用すると思いますので、もしニュージーランド航空に乗って、なおかつマイルも貯めたいという方がいましたら、こちらのANA VISAカードはオススメです。

また、マイルを貯めるつもりがなかったとしても、最大手の三井住友が発行するカードになりますので、安心ですしサポートなどもしっかりしていてオススメです。

ちなみに、こちらのカードには交通系ICのSuica機能がついたカードもあり選ぶことができますし、「VISA」や「マスターカード」なども好みの方を選ぶことができます。

 

こんな人にオススメ!

・年に数回でもANAの飛行機に乗る人

・日本とニュージーランド間のマイルを貯めたい人

・ニュージーランド旅行用の決済に使おうと考えている人

・普段、日本で買い物をしてマイルを貯めようと思っている人

 

基本情報

年会費

税抜2,000円+税(初年度年会費無料)

家族会員年会費

税抜1,000円+税(初年度年会費無料)

年会費割引特典

WEB明細サービスマイ・ペイすリボ

旅行傷害保険

【最高補償額】

海外旅行 1,000万円

国内航空 1,000万円

国内旅行 なし

詳細はカード送付時に同封いたします「ANAカード旅行傷害保険のご案内」をご覧ください。

ショッピング補償

年間100万円までのお買物安心保険

海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。

利用可能枠
総利用枠
20〜100万円
カード利用枠(カードショッピング)
20〜80万円
リボ払い・分割払い利用枠
0〜80万円
キャッシング利用枠
0〜100万円
お支払い方法
お支払日
15日締め翌月10日払い
国際ブランド
ポイントサービス

ワールドプレゼント/お買物利用1,000円(含む消費税等)につき1ポイント付与

引用:三井住友カード ANAカード

年会費は無料ではないものの安く、家族会員の年会費もたったの千円です。

カード付帯の保険もしっかり付いていますし、限度額もMAXで80万円まで引き上げることができます。

また、複数回払いに対応していたり、リボ払いにも対応していますので毎月決まった額支払うようにすることもできます。(リボ払いはおすすめしませんが…)

 

カードの申込み

こちらANA VISAカードは公式サイトからの申込みがオススメです。

一般的なカードになりますので、審査もそこまで厳しくなく20歳以上で働いている方なら問題なく通過すると思われます。過去に支払いの遅延などがなければ全然心配する必要はありません。

申し込んでからカードが手元に届くまで時間がかかることもありますので、カードの発行を考えている方は早めに申し込みましょう!

【公式サイト】ANA VISAカードの申込みはこちら

 

一般の三井住友VISAカードもオススメです!

 

名称:三井住友VISAカード

クレジットカードのスタンダードとして多くの人に利用されているのが三井住友VISAカードで、こちらは年齢や用途に合わせた幅広いラインナップがあり、まさに安定の1枚です。

日々のショッピングなどので付いたポイントは景品やマイルなどと交換できたりしてとてもお得。また、海外旅行保険が付帯していたり、旅行の際には限度額を一時的に上げてくれるので、正直どのクレジットカードにしようか迷ったらこちらを選ぶと良いと思います。(VISAとMaster両方あります)

公式サイトでは、その幅広いラインナップの詳細を確認できますので、ぜひチェックしてみてください!

【公式サイト】三井住友VISAカードの申込みはこちら

 

まとめ

ニュージーランド旅行にクレジットカードは必須ですので、最低でも2枚は準備しておきましょう!

日本からニュージーランドへの直行便を唯一運航させているニュージーランド航空を利用するなら、ぜひANA VISAカードがお勧めですし、そうでなくても、知名度抜群の三井住友VISAカードは絶対に持っておきたいカードですね♪