【基本情報】年齢制限編

ニュージーランドの “年齢制限” に焦点を当てて紹介していきます。

もちろん、年齢制限に関しては日本と異なることもありますし、守らなければ法律違反で捕まってしまう可能性もありますので、渡航する場合にはしっかり現地の法律を知っておきましょう!

特にタバコを吸う方やお酒を飲む方などは要注意です。



お酒やタバコは何歳から買えますか?

ニュージーランドでは、法律で18歳から飲酒や喫煙が認められています

店が18歳未満の人にこれらを売ると高額な罰金が科せられ、販売権も剥奪されるので、25歳以下に見える人は身分証明書の提示が求められ、年齢を証明できない場合は売ってもらえません。

特に、日本人は比較的年齢よりも若く見られるので、スーパーマーケットや酒屋でお酒やタバコを買う時、またパブやバーへ行く時はパスポートを持って行きましょう。日本の国際運転免許証は身分証明として認められません。

カジノには何歳から入れますか?

カジノが合法のニュージーランドでは、全国の主要都市にカジノがあります。カジノに入店できる年齢は法律で20歳からと決まっています。

警備員が立っており、若く見える人の場合、身分証明書の提示を求められるので、必ずパスポートを持っていきましょう。また、正装する必要はありませんが、ビーチサンダルや男性のショート/ハーフパンツでは入店できません。

現地で割引を受けるにはどうしたらいいですか?

学生であれば世界各国で学割の効く国際学生証(ISIC)を持っていきましょう。

アクティビティや博物館や美術館などで、学生割引を受けられます。また、学生でなくとも割引制度を受けられるのは、全国各地にあるユースホステルやバックパッカーズ協会の会員。該当する宿泊施設だけでなく、交通機関や主要な観光スポットで会員割引を受けられます。

ニュージーランドでの年齢確認は日本に比べると厳しい!

ニュージーランド国民以外の人が酒やタバコを買ったりする場合には、必ずと言っていいほどパスポートが必要になります。

パスポート以外の身分証明書だと許可してくれる可能性はかなり低いです。

特に留学生の多くが行くであろう「ナイトクラブ」では、入り口で必ず身分証明書のチェックがありますが、パスポート以外は受け付けてくれませんので、パスポートはもはや必要不可欠で持ち歩いておく必要があります。



まとめ

ニュージーランドでの年齢制限について紹介しました。

日本人はとにかく若く見られるため、お酒やタバコを購入したりカジノやナイトクラブへ行く場合には、パスポートを携帯しておく必要がありますね。ただ、パスポートの紛失やスリなども多発していますので、管理だけはしっかりしておきましょう!