割引セール実施中!エコノミーが往復89,000円から!割引運賃適用の航空券はこちらをクリック!

【基本情報】ニュージーランドのお土産

ニュージーランド旅行の際にはお土産を購入すると思いますが、その際におすすめなお土産の候補をいくつか紹介していきます。

定番中のお土産はハチミツやワインになりまして、ニュージーランド産ワインの知名度は年々上がっており近年人気な品ですし、マヌカハニーは日本でも特に女性の間で大人気になっている品です。(ちょっとお値段はしますけど…)



おすすめお土産【定番】

それでは、定番のおすすめお土産を紹介していきます。

動物グッズ

ニュージーランドは手つかずの大自然が多く残されており、野生の動物がたくさんいます。そして、その動物をモチーフにした可愛いグッズも販売されていまして、羊はもちろんのこと、飛べない鳥で国鳥のキーウィやプケコなどもグッズ化されおり、万人に喜ばれるかと思います。

シープスキンブーツ

シープスキンブーツは保温性に優れカラーバリエーションが豊富です。

ニュージーランドではスリッパ代わりに家の中で履くのも流行っています。カンタベリー・レザー社のものが人気です。

シープスキン製品

人気の高い羊皮のコートやジャケットは、内側がふわふわで、外側はバックスキンで肌触りが良いです。

少し重たくてかさばるのが難点ですが、日本と比べると安いですし、暖かさは抜群です!室内履きも手ごろな価格でお土産にはオススメ。

メリノウール製品

メリノ種という羊から採れるメリノウールと、ポッサムの毛を混合したニットは通気性に優れているのに軽くて温かいのが特徴となります。ニット以外にもメリノウールを使ったアイスブレーカー社のアウトドアウェアや下着など、普段使い出来るアイテムもあり、これが結構おすすめ!

どちらかと言うと、自分自身のお土産におすすめですかね^ ^

ウール製品

羊の国と言われているだけあって、上質のウール製品を購入することが出来ます。

セーターや帽子、手袋、ぬいぐるみなどの種類も豊富。ウール製品の専門店も数多く、日本では手に入れることができないデザインのものが見つかるでしょう!近年では害獣として駆除の対象になっている有袋類の樹木動物ポッサムの毛を混紡したものが、軽くて暖かいと人気を集めています。

NZ産のアクセサリー

マオリ語で「ポウナム」と呼ばれるヒスイはパワーストーンとしても人気があり、「パウア」と呼ばれるアワビや、マオリの伝統工芸ボーンカービングも定番のアクセサリーとなります。

サプリメント

「ロイヤルゼリー」や「プロポリス」など、ニュージーランドの大自然が育んだ、良質な成分のギュっと凝縮した高機能サプリメントが充実しています。カプセルタイプやゼリータイプなどがあります。

マヌカハニー(ハチミツ)

マヌカから採取されるハチミツ「マヌカハニー」が大人気!

抗菌作用が強いアクティブ・マヌカハニーや、マヌカハニーを使った化粧品は贈り物にも喜ばれますし、正直なところ、これを買っていけば間違いなしといった商品です。

ラノリンクリーム&ご当地コスメ

ラノリンとはヒツジの毛の表面に付着する脂質成分を精製したもので、肌への浸透性に優れています。温泉地ロトルアの泥を使ったミネラルたっぷりのスキンケア商品もぜひチェックです。

オールブラックス関連グッズ

ニュージーランドのラグビー代表チーム「オールブラックス」の関連グッズはニュージーランド国内でも大人気です。ユニフォームやジャージ、子供用のウェアも揃っていますが、お値段は結構高額!

キーウィ御用達の食材

発酵食品マーマイトや紅茶など、ニュージーランドの一般家庭で親しまれている食材もバラマキ土産には最適です(笑)これらはスーパーマーケットで手軽に購入出来ますので、ぜひ一度現地のスーパーに足を運んでみてはいかがでしょうか?

ワイン

ここ数十年で飛躍的にその地位を確立し、「世界のワイン100選」にも選ばれるほどになったニュージーランド産のワイン。特に、「ソーヴィ二ヨン・ブラン」は世界的にも評価が高いです!

また、変わり種のキーウィフルーツワインは、甘口のフルーティな口当たりで女性に人気。

各地にワイン生産地があり、オークランド周辺でいえば「ワイヘキ島」のワインが有名です。フェリーで数十分の距離にありますので、ぜひ上質なワインを求めて島へ渡ってみるのも良いと思います。

ニュージーランドヒスイ(グリーンストーン)

南島のウエストコーストで産出。昔マオリの人々が武器を作っていたことで知られています。

現在では数々のアクセサリーに生まれ変わっており、「卵型のニュージーランドヒスイを持つと、幸せになれる」という言い伝えもあります。安く売られている物はニュージーランド産ではない可能性があるので要注意!

マオリの工芸品

ニュージーランドならではのお土産として人気があるのが、マオリの工芸品。

精巧な技術で彫り込まれた木彫りの品々が多数あります。

マオリが海洋民族であったことを偲ばせるカヌーや船具のミニチュアに、ワハイカ(平たい棍棒)、テコテコ(マオリの神の像)、ティキ(胎児の形をした人形でマオリの幸運のお守り)などの置物だけではなく、ペーパーナイフなど実用品もあり、手作りのぬくもりを味わえるお土産として喜ばれています。

このほか、麻で編んだ手さげやカゴもマオリ独特の工芸品もGood!牛の骨や、クジラの骨を削って作ったネックレスもいいですね。



ショッピングの時間

ニュージーランドのほとんどの商店は月~金曜日は9:00〜17:00、土曜日は10:00〜16:00、日曜日は11:00〜15:00が営業時間。

主要都市や観光地のショッピングセンターやスーパーマーケット、お土産屋などは年中無休で営業をしているところが多いですが、一般の商店は日曜と祝日を定休日にしているので注意が必要です。また、夏期は無休で営業している店も多いです。

スーパーマーケットに行こう!

スーパーマーケットには、現地の人が買っているニュージーランドらしいお菓子や雑貨があって、友達への簡単なお土産などには良いかもしれません。

品物が充実しているスーパーマーケットは、Countdown, Big Fresh, Pak`n Save, New Worldなどで、食料品だけでなく、日用品や衣料、電化製品まで幅広い品揃えです。

ニュージーランドのワインを購入して日本へ送ることは可能?

ワイナリーや街中のワインショップでは、有料で日本へ郵送するサービスを行っています。

また、郵便局ではワイン専用の郵送ボックスも販売されています。日本へ持ち帰る際、免税の範囲となるのは3本まででして、それ以上の本数の場合には日本の空港で1本200円程度の税金を支払う必要があります。