ニュージーランドは女性一人旅にもオススメ!

自然豊かなニュージーランドは女性一人旅に適しており、治安などを考えると安心して旅行できる数少ない国の1つです。

国土・気候的にも日本と非常に似ており、時差も数時間とそこまで変わりません。

ニュージーランド中に広がる大自然はもちろん、素敵な街並みやマオリの文化、豊富な温泉など観光スポットが盛りだくさんなのです。



NZが女性一人旅に最適な理由

1. 治安が良い

これは1番大事ですよね。

やっぱりニュージーランド(NZ)は他の国々と比較すると治安がとても良いです。

もちろん、殺人などの犯罪もありますが目立って多いのがスリや強盗など。

よくニュージーランドを旅行していると欧米やアジア人の女性バックパッカーが一人で旅行しているのを目にしますが、多くの女性が一人で旅しているのを見ると治安の良さがよく分かります。

「日本よりも安全なの?」とよく質問する方がいますが、一応世界の治安ランキングではニュージーランドは日本よりも順位的には上なのです。日本でもよく殺人が起こるように、それはどこの国へ行っても起こりうることですので、最低限の防犯対策をして周囲に気を付けるよう心掛けて旅行すればさほど気にする必要はありません。

ニュージーランドで多いのは強盗や窃盗、スリになりますので、所持品の管理さえしっかりしていれば基本的に事件に巻き込まれたりする可能性は少ないと思います。

ただし、大都市オークランドなどでは性犯罪が少なからず発生していますので、人気(ひとけ)の少ないところを夜一人で歩いたりしないなど、最低限のことは守る必要がありますよ。

 

2. 一人旅しやすい環境

観光立国であるニュージーランドは一人旅しやすい環境が整っていると思います。

まず、ニュージーランドの言語は英語ですので私達にもっとも馴染みのある外国語になります。ニュージーランドはよく訛りが強いと言われていますが、実際にニュージーランド人が話す英語は確かに速くて聞き取るのに一苦労することがあります。

しかし、そこは身振り手振りで必死に伝えようと思えば何とかなりますし、英語表記が至るところにありますので、ネットで調べたりすれば全然問題ありません。

そして移動に関しては、長距離バスがニュージーランド中の都市を結んでいますので、基本的には何処へでも行くことが可能です。予約も日本にいても現地にいてもWebサイトから簡単にできますので快適です。

また、宿もユースホステルが豊富にあり、一人で宿泊しているバックパッカー達が沢山いますので一人で泊まっても全く問題ありません。他国の同じく一人旅している人と仲良くなるのも一人旅の醍醐味です。

 

3. フレンドリーなニュージーランド人

ニュージーランド人はとてもフレンドリーで、困っている人がいると助けたくなる国民性のようです。もし旅で困ったことがあって尋ねてみれば親切に教えてくれます。もし英語が話せなくても伝えようと必死になれば理解してくれます。

 

4. 清潔

ニュージーランドは自然を大事にしていることもあり、基本的にどこへ行っても綺麗です。

人口も少ないので当然かもしれませんが、やっぱり綺麗な場所を観光すると自然と心も安らぎます。アジアの国々とは比較にならないほど綺麗ですよ!

 

5. 食べ物が美味しい

旅行でニュージーランドへ行って食べる料理は本当に美味しいです。

現地に住んでいる人が食べる料理とは異なりますので、普通にレストランに入れば美味しい料理が揃っています。特にニュージーランド産の肉や魚介類が入っている料理はどれも美味しく感じます。

また、ファストフード店や寿司店(日本人経営ではない 笑)も大都市なら沢山ありますので、食べ物に困ることはないと思います。おまけに、24時間営業のスーパーもあったりしますので、必要な食材はいつでも手に入る環境です。



女性一人旅におすすめな観光スポット

1. テカポ(Tekapo)

画像: New Zealand Dream Weddings

春〜夏の季節にはルピナスの花々が湖畔に咲き誇っていてとても綺麗!

さらにレンガ造りの素敵な教会「善き羊飼いの教会」とテカポ湖のミルキーブルー色のコントラスは絶対に写真に収めたくなります。

湖沿いを散歩するついでにそのまま近くにある山「マウント・ジョン」まで足を伸ばしてみるのも良いですね。山頂には天体観測の展望台があり、テカポ湖と街並みを眺めながらお洒落なカフェでゆっくりするのは最高です!

そして、ここテカポの最大の魅力は実は「夜」で、夜空一面に輝く星空はあまりの綺麗さに世界遺産に登録をしようと試みているほど!周りを山々に囲まれており光が一切入ってこないため無数の星空を観測することができるのです。日によっては天の川も普通に見ることができますよ!

ニュージーランドへ行くなら一番訪れてほしい場所です。

ちなみに、テカポはH.I.Sの調査でプロポーズされたい場所No.1に選ばれました!

 

2. クイーンズタウン(Queenstown)

画像: courrierinternational.com

クイーンズタウンはその美しさから「ヴィクトリア女王にふさわしい街」として名付けられました。一望できる展望台からは街並みとワカティプ湖、その背後に聳える山々が一度に見渡せます。とにかく街の雰囲気がよく、アクティビティもとても盛んで、バンジージャンプやジェットボートなど大自然の中で体験することができます

また、この街はニュージーランドで一番人気の観光地「ミルフォード・サウンド」があるフィヨルドランド国立公園の入り口に位置しているため、ここを拠点にすることができます。YHAなどのユースホステルもたくさんあるので一人旅には持ってこいです。

さらに、街中には世界的にも有名なハンバーガー屋「ファーグバーガー」があり、連日行列ができるほど美味しいと評判です。全てニュージーランド産の食材を使っているのも人気の理由です。

 

3. マウント・クック村(Mt. Cook Village)

画像: alphathread.wordpress.com

ニュージーランドで一番壮大な自然が味わえる場所と言ったら間違いなくマウント・クック村でしょう!ここはニュージーランドで最も標高の高いマウント・クックを目の前に見ることができ、周りを高い山々に囲まれているため立地的には最高です。

この村の周辺にはトレッキングコースがいくつかあり、その中でも「フッカー・バレー・トラック」はニュージーランド屈指のコースで、壮大な自然の中を数時間歩くことができ常にカメラを構えている状況になります。高低差もほとんどないことから初心者でも十分歩くことが可能です。

宿も一人旅に最適なYHAをはじめいくつかユースホステルが点在していますので、ゆっくりトレッキングをして大自然を満喫するのがここの一番の楽しみ方です。

 

4. ロトルア(Rotorua)

画像: Tamaki Maori Village

ニュージーランドは日本同様に火山島ですので、必ず地下を掘れば温泉が湧いてきます。

特にここロトルアは温泉地として大人気で、いくつかある温泉地を巡るのがここでの楽しみ。少し離れた場所には泥の温泉などなかなか珍しい温泉に入ることも出来ます!

また、ここを拠点にしてワイトモ洞窟やホビット村などへ行くのもありです。ロトルア発のツアーなどもあるので参加してみるのも良いかもしれません。



一人旅情報

1. お金事情

まず、クレジットカードは絶対に持っていくようにしましょう!

ニュージーランドは完全にカード社会ですので、お店での会計、バスやフェリーのチケットなど、クレジットカードを持っていないととても不便です。

お勧めなのはクレジットカードのスタンダードとして有名な三井住友VISAカードになります。

最近は日本人の多くもカードを1枚以上持っているとは思いますが、海外旅行では念のために複数枚のカードを持っておくことが推奨されています。(VISAとMasterなど)

また、クレジットカードを使う場合には裏にサインをしておくのと、暗証番号を覚えておく必要があります。なぜなら、ニュージーランドでの決済ではサインはせず、ほとんどが暗証番号を入力するからです。これを覚えていないと使えませんので注意が必要です。

そして、限度額をしっかりと確認し、何かあった時のために事前に限度額を一時的に上げておくと良いでしょう!盗まれたりした時のためにクレジットカード会社の電話番号を控えておき、無くなったらすぐに連絡できるようにしておくことも必須です。

そして、もしニュージーランド旅行を満喫したいのなら沢山お金を持っていくようにしましょう!理由は、ニュージーランドには様々なアクティビティがあり、どれも割とお金が掛かるからです。

ヘリコプターに乗って氷河を上空から見たり、ジェットボートやバンジージャンプをすると普通に1回数万円は掛かりますので、せっかくの一人旅、宿泊費や移動費などは安く抑えて「体験すること」にお金を掛けると、より一人旅が楽しくなるのではないかと思います。

2. 保険

海外旅行保険は是非入っておきましょう!

クレジットカードに付帯している保険で十分!という人は入る必要が特にありませんが、額も小さく補償内容が足りないと思ったら必ず入っていくと良いです。ちなみに保険はAIUがオススメです。

3. 安く旅する

ニュージーランドは事前に予約すると実はとても安く旅することが可能なのです。

一人旅では長距離バスに乗る機会が沢山あると思いますが、ニュージーランドの長距離バスは$1キャンペーンというものを実施しており、距離関係なく1ドルで乗ることができるのです!

そのためには乗車する数ヶ月前にwebサイトで1ドル運賃のバスを見つける必要があります。

予約が早ければ早いほど1ドルで乗れる可能性が高まりますので、早めに計画を立てれば安く済ませられるかもしれないのです。

ちなみに、長距離バスはIntercityNaked busがオススメ。

4. 宿泊施設

一人旅にオススメな宿がユースホステルやバックパッカーズと呼ばれる宿で、部屋は2人〜8人で一緒に寝る部屋から個室まであり、安く抑えたいなら8人部屋がオススメ!

女性と男性が分かれている部屋もあれば、男女混合の部屋もあります。

もし心配なら女性だけの部屋に泊まればまだ安心感があります。個人的にはニュージーランド全土にあるYHAが良いと思います。

5. 飛行機

ニュージーランド国内を飛行機で移動するならジェットスターが安くてオススメ!

ただし、LCCなので荷物が多かったり重かったりすると余分なお金を払う羽目になってしまうので、荷物は少なめにするのがポイント!

もし南島を旅して最後、クイーンズタウンから北島オークランドへ飛行機で移動するなら是非窓側の席を予約すると良いです!なぜならクイーズタウンを出発して数十分で南島のアルプスの山々が姿を現し、その眼下に広がる素晴らしい絶景を上空から眺めることができるのです(晴れていれば)。

ちなみに初めての一人旅や乗り換えが不安な人は日本からニュージーランドへの唯一の直行便ニュージーランド航空がオススメです。

 

まとめ

ニュージーランドは本当に自然が溢れており、一人旅するにはもってこいの国です。

先程も紹介したように、宿泊費や移動費は結構安くすることができますので、そこで浮かした分はぜひアクティビティなど「体験すること」に使うことをオススメします

あと、絶対に写真を撮りたくなりますので、ちょっと良いカメラを是非買っておきましょう!