病気・怪我

病気になってしまったら

ニュージーランドの医療水準は高いので、専門医による応急処置を要する場合など、日本語の通じる医師にこだわらずに適切な状況判断を心がけるべきだ。

ACCの補償制度では病気は補償対象外なので、治療費は自己負担になる。入院や手術になると高額な費用が掛かるので、海外旅行保険の加入は忘れずにしよう。また、保険会社への請求の際に必要なので、診療を受けた後は領収書や診断書は必ずもらうようにする。

 

病院で治療を受けるには

ニュージーランドの医療システムは初期段階のプライマリーケアと次の段階のセカンダリーケアの2つのステップに分かれている。病気でもケガでも医師の診察が必要なときにはまず最初にGPと呼ばれる一般開業医の診察を受け、そこで治療が難しいと判断された場合のみ病院や専門医にかかるという仕組み。

GPの紹介がないとセカンダリーケアが受けられないので、まずはプライメリーケアを受診しよう。GPは基本的に予約制。週末や祝日は休診する場合が多いので、夜間や急を要する場合は時間外診察を行っているメディカルセンターや救急外来病院を訪ねよう。

治療を受ける際にはいつから、どのくらいの頻度で、どのような症状が出ているかを英文でメモして持参するとスムーズだ。常用している薬があればその薬に含まれている成分の英語名を調べておき、診察の際、必ず医師に伝える事。

英語で治療を受けることに不安を感じる場合、日本語の医療通訳者を依頼することが出来る。セカンダリーケア機関であればどこでも医療通訳者の派遣が可能。プライマリーケアでも通訳サービスが整いつつあるので、GPに尋ねてみるといいだろう。

 

薬を購入するには

医療機関で処方箋を発行してもらったら、薬局へ行こう。処方箋受付場所には「Prescription」と明記されているので、そこで薬剤師に処方箋を見せればOKだ。

薬局では市販の風邪薬や頭痛薬、胃腸薬なども扱っており、こうした薬なら処方箋なしでも購入できる。どの薬がいいか分からない時は、薬剤師に相談するといいだろう。代表的な薬局はニュージーランド全土で展開するユニチェム・ファーマシーやラディウス・ファーマシーなど。大手スーパーマーケットなどでも処方箋のいらない薬が販売されている。

 

Q&A

海外旅行傷害保険に加入しておいたほうが良いですか?

旅先で急に病気になったり、盗難や紛失に遭ったときのためにも、海外旅行傷害保険の加入は必須です。
ニュージーランドでは、国内で起こった事故による救急車の使用料、ケガの治療費や補償金をすべて政府が補償するACCという保険制度があります。

これは、旅行者にも適用されますが、すべての事故が対象となるわけではないので、海外旅行傷害保険には必ず加入しておきましょう。

 

急に病気になったらどうしたら良いですか?

慣れない海外での旅行中には、体調を崩すことがあります。気分が悪くなったら、症状が悪化する前に、まずは休養を取りましょう。休養しても症状が重くなるようなら、海外旅行傷害保険の現地デスクに連絡して病院を紹介してもらいます。

海外旅行傷害保険に入っていない場合は、各地区にあるアクシデント&イマージェンシー・クリニック(Accident & Emergency Clinic)へ行きましょう。

もし、救急車が必要な場合は111番に連絡して、「アンビランス、プリーズ(救急車をお願いします)」と言います。救急車の使用料は、海外旅行傷害保険でカバーすることができます。

 

英語に自信がないのですが、病院で通訳サービスは受けられますか?

持病がある場合は、あらかじめ英文の診断書と薬剤証明書を日本から用意しておくとスムーズに対応してもらえます。また、ニュージーランドには医療通訳サービスを行っている日本の会社があり、海外旅行傷害保険に加入していれば無料で医療通訳サービスを受けられます。国立病院などでは医療通訳者がいる場合もありますので、万一の際にも安心です。