NZ航空の割引セール実施中!エコノミーが往復89,000円から!割引運賃適用の航空券はこちらをクリック!

【基本情報】ニュージーランドの地震

多くの方が気になる「ニュージーランドでの地震」に焦点を当てて紹介していきます。

まず、ニュージーランド=地震の国と思っている方は少なからずいると思います。

なぜなら、2011年に南島のクライストチャーチで巨大な地震が起こり、何人もの日本人留学生が亡くなり、毎日のように日本のテレビでも放送されていたからです。

結論から言えば、間違いなくニュージーランドでは大小問わず地震が起きています

では一体、ニュージーランドはどのくらいの頻度で地震が起こり、日本と比べるとどのくらの地震による危険性があるのでしょうか?

※以下、紹介する内容はあくまで個人的見解になりますので参考程度にどうぞ



地震の頻度

ニュージーランドでは地震は頻繁に起きています。

日本と同じ火山島になりますので、揺れを感じない小さな地震に関してはかなりの数発生しています。しかし、人間が揺れを感じるほどの地震の回数というのはそこまで多いというわけではありません。

起きる時は2011年のように大きな地震が起こることがあるのですが、どちらかと言うと日本のほうが大きな地震に関しては頻繁に起きていると感じますね。

北島よりも南島に注意!

大きな地震に注意すべきは、北島よりも南島になります。

2011年に起きた巨大地震の中心も南島のクライストチャーチという都市ですし、どちらかと言えば、南島のほうがこれまでも大きな地震が起きていることは間違いありませんので、南島へ行く際には多少は注意する必要があります。

しかしその一方で、ニュージーランドの玄関口にもなっており、ニュージーランドで一番大きな都市で日本人観光客もよく訪れる北島オークランドはどうかというと、人間が揺れを感じるほどの地震というのは滅多に起こりません。

私自身、1年間ほどオークランドには滞在していたことがありますが、地震を感じたことは一度もありませんし、長年暮らしている方でさえも一度も感じたことがないと言っていました。

つまり、北島のオークランドでは過去にほとんど揺れを感じるような地震は起きていないということで、まだ南島よりは安心して良いのかなと思います。

北島でも首都ウェリントンも要注意!

北島は地震は起きないというようなことを書きましたが、それはあくまでオークランドなど北島のなかでも北の話であって、南島に近い首都のウェリントンでは少し事情が異なります。

実はウェリントンでもここ数年でまぁまぁ強い地震が何度か起きており、それは人間も体感できるほどの規模になりますので、ウェリントンに行かれる際は油断は禁物です。



耐震はないと考えるべき

日本は超が付くほどの地震大国ですから、少なくとも近年は特に建物の耐震が叫ばれており、多くの建物ではしっかりとした耐震施工がされています。

しかし、ニュージーランドの建物は基本的に耐震施工はされていません!つまり、強い地震が来た時には簡単に倒壊してしまう可能性が高いということを頭に入れておく必要があるのです。

現に、2011年のクライストチャーチでの地震では多くの建物が無残にも崩壊しました…。

耐震がない建物にいて地震に遭遇してしまうと、助かるはずの命も助かりませんので、できればそのような建物を避けたいです。

ただ現状、耐震がない古い建物はたくさんあるわけですし、わざわざそれを確認して建物に入るわけにもいきませんから、南島の都市を訪れる際にはもはや「注意しろ」としか言うことはできないですね。

最近建てられた建物に関しては耐震施工されている建物も増えてきてはいるものの、まだまだそのような建物は少ないのが現状です。

 

北島も南島も注意が必要

紹介した通り、過去には北島での強い地震というのはあまりなく、オークランドではほとんど地震はありません。

しかし、それはあくまで過去の話であって、今後起こる可能性というのは当たり前ですがゼロではありませんし、昨今の地球のあらゆる異常を鑑みれば、北島のオークランドであっても強い地震が発生することは十分考えられることですので、南島はもちろん北島へ行く時でも、ニュージーランドに行く際には「地震」のことをどこか頭の片隅に置いておく必要があると思います。

 

渡航を検討するほど?

地震が原因でニュージーランドへの渡航を検討すべきかと聞かれれば、それは違いますね。

渡航に慎重になるほど毎日大きな地震が起きているわけではありませんし、地震に関しては、よっぽど皆さんが普段生活している日本のほうが危険なのは間違いありません。

2011年の時のように、大きな地震が起きた直後や断続的に強い地震が続いている間は渡航するかどうか検討するべきだとは思いますが、それ以外であれば特別に検討するほどのものではないと思います。



まとめ

ニュージーランドへ行く際には特に地震に対する備えはできないかと思いますが、「ニュージーランドは日本と同じで地震が起こる国」という認識だけは強く持っておいたほうが良いですね。

そして、万が一の時のことを考えて、大使館の連絡先なども控えておくくらいの準備はしておくことをお勧めします!

【関連記事】

ニュージーランドは日本同様に「火山島」であり地震大国でもあります。もちろん地下を掘れば温泉が湧き出ますし、実際にロトルア周辺で...