地震

 

気になる!!ニュージーランドでの地震

「ニュージーランド=地震の国」と思っている人も少なからずいると思います。

何故なら2011年に南島のクライストチャーチで巨大な地震が起こり、何人もの日本人留学生が亡くなり毎日のようにテレビで放送されていたからです。そのせいもあって、その後はニュージーランドに旅行する人や留学する人の数が減ってしまったという現状があります。

しかし実際はというと、ニュージーランド最大の都市であるオークランドでは地震は滅多に起こりません。たとえ、起きたとしても人が感じない規模の地震であり、現地の人も全く地震を経験したことがないという人がほとんどなのです。

一年間住んでいた経験からしても揺れを感じたことは一度もありませんし、テレビのニュースで地震について放送している場面を一度も見たことがありません。

 

地震が発生するのは主に南島

2011年の大地震の後にも首都でもあるウェリントンで地震が発生しましたが、これは稀なことであり頻繁に起こることではありません。大体ニュージーランドで大きな地震が発生するのは南島なのです。

南島のクライストチャーチ付近にはプレートが通っており、日本と同じような確率で地震が起きる可能性が十分にあります。ニュージーランドが日本と同じように火山島であることを考えるとやっぱり地震が定期的に発生してしまうのです。

 

結論

もし北島のオークランドやロトルアなどに旅行、滞在しようと考えている人は特に地震に関しては心配する必要はないと思いますが、クライストチャーチに限らず南島への旅行や滞在を考えている人は日本と同じく普段の注意を怠たらず、いつ起こっても大丈夫という心構えや準備が必要になります。

 

※注意

ニュージーランドの建物は日本の建物と違って耐震補強などがされていない、あるいは補強が十分でないこともあり、地震が起きた際にはクライストチャーチのように建物の多くが倒壊してしまう可能性がありますので、日本よりも気を付けなくてはなりません。

さらに、北島は大地震が起こる可能性は低いと言いましたが、日本と同じ火山島である以上、いつどこで地震が起こるか分からないですのでいずれにしても注意は必要です。

ニュージーランドは地震が定期的に発生しますが、ニュージーランドへ来ることを躊躇するほどの問題ではないと思います