物価・お金・チップ



ニュージーランドの物価は安いのか??

多くの人は「ニュージーランドは物価が安い」と思っています。それは市販のほとんどのガイドブックにそうやって書いてあるからですが、実はそれは大きな間違いで、確かに数年前までは1ドル=58円などとそれなりに安い時があったのですが、今はアベノミクスの影響もあり1ドル=80円近くまで跳ね上がっています。

実際にニュージーランドに行ってみればその物価の高さに驚くことになるでしょう。間違いなく日本と同じか日本よりも高く感じます。その証拠にオークランドのマクドナルドのビックマックセットは$10=約800円もしますし、スターバックスも日本よりも高い値段で売られています。おまけに、ニュージーランドは公共料金も高くて、特に水道代はかなり高いのです。

オークランド市内中心部にはお土産屋さんが沢山ありますが、もちろんこれらは観光客向けのお店なので値段をわざと高く設定しています。しかし、スーパーマーケットなどは若干安く感じ、特に果物に関してはとてもお得です。ちなみにキュウイフルーツやリンゴなどのフルーツは驚くほど安いと実感できるはずです。

 

物価の目安

カプチーノ1杯:NZ$3~3.50
ミネラルウォーター(500ml):NZ$2~3
サンドイッチ:NZ$3~8
カフェでのランチ:NZ$10~15
ディナー(3コース):NZ$30~70
マクドナルドのハンバーガーセット:NZ$5
ビール1本(350ml):NZ$3~5
インターネットカフェの料金(1時間):NZ$2~6

 

旅の予算とお金

ニュージーランドを旅行するのに、いったいどれくらいの予算が必要なのか、まずは見積もりを立ててみましょう。また、持っていくお金の準備方法や、現地でもお金の持ち方もぜひ知っておきましょう!

 

旅行費用を見積もってみる

ひとり1日の生活費は最低$45必要。

個人旅行でニュージーランドへ行く場合、航空運賃を除きニュージーランド国内での①宿泊費②交通費③現地のツアー、アクティビティ参加費④食費⑤おみやげのどの雑費、予備費が必要となります。

まず①の宿泊費ですが、最も安いのは、バックパッカーズやYHAのホステルでひとり1泊$25~35程度で、ドミトリー(大部屋)やシェアルーム(2~4人での相部屋)が基本です。

中級クラスのホテル、モーテルならダブルまたはツイン1室$80~150の範囲。これらの料金は一室のもので、シングル利用でも値引きされないことが多いです。

②の交通費や、③の現地でのツアー費などは、旅行の楽しみの最も大事な部分だから、予算はしっかり取っておきたいものです。④の食費はちょっとしゃれたレストランでディナーを食べれば、ひとり$30~50くらいはかかります。

安く上げたいならショッピングセンターのフードコートやテイクアウト(持ち帰り)専門の店を利用するようにしましょう。ひとり$6~10ほどで十分おなかがいっぱいになるはずです。また、ホステルやモーテルにはキッチンが完備されているので、食材だけ調達すればリーズナブルに料理を楽しむことも出来ます。

最も安上がりな旅行スタイルで、ひとり1日の生活費が最低$40というのを一応の目安と考えておきましょう。それから⑤の雑費、予備費は、ショッピングの額によって変わってきますが、不足の事態に備えてある程度の予備費は持っていたいところです。

なお、子供料金は、おもな交通機関ではおおむね4~15歳を子供とみなし、大人料金の半額ないし60%程度というケースが多いです。観光施設などの入場料も、ほぼ同様。ファミリー料金を設定しているところも多いです。

 

お金の準備

大都市を中心に年々治安は悪くなってきており、置き引きやひったくりなどの犯罪が起こっています。旅行費用をすべて現金で持ち歩くのは危険です。なお、財布を紛失した場合戻ってこない確立が高いです。

安全面を考えれば、現金よりもトラベラーズ・チェックのほうが安心かもしれませんが最近はあまり使っている人は少ないのが現状です。ただ、利用方法を守りさえすれば、事故を防ぎ、再発行をしてもらえるので便利です。

盗難や紛失に遭った時、緊急連絡先に電話すれば使用をストップでき、悪用を避けることができるクレジットカードや国際キャッシュカードも、安全面や利便性ではおすすめです。

キャッシングや引き出しは24時間、年中無休のATMなどで行えます。換金手数料の面でもクレジットカードが一番有利です。ただし、クレジットカードは、小さな商店やレストラン、宿泊施設では取り扱っていない場合があるので注意しましょう。

※ワーキングホリデーや留学などで長期滞在する場合は、あらかじめ日本にあるオーストラリア・ニュージーランド銀行(東京・大阪)で口座を開き、そこに入金しておく方法もあります。

 

トラベラーズ・チェック

トラベラーズ・チェックは本人のサインがなければ使用することができない旅の安全なお金です。発行会社によってサービスは異なりますが、購入者の病気やケガといった緊急時のサポートもしてくれます。購入はトラベラーズ・チェック発行会社提携の金融機関や外貨両替ショップ、空港などで出来ます。

トラベラーズ・チェックには、サインをする欄が2ヵ所あり、購入した際にその場で1ヵ所にサインをし、トラベラーズ・チェックを利用するときにもうひとつの場所にサインします。サインはもちろん使用する人が記入します。2ヵ所のサインが統一されていることで使用できるという仕組みになっています。

サインは英語でも日本語でもどちらでもよいのですが、パスポートのサインと照合する場合が多いので、パスポートと同じサインのほうがよいです。なお、紛失した際に再発行してもらうには、発行番号も必要になるので、必ず控えておくようにしましょう。

 

クレジットカード

クレジットカードを持っているととても便利です。というのも普及率の高さはもちろん、ホテルやレンタカー、ツアーの申し込みで提示を求められる場面が多いからです。

クレジットカードは一種の身分証明書の役割も果たしてくれます。もちろん、多額の現金を持ち歩かなくて済むという安全面や、両替手数料がかからない分、現金の両替より割がいいという経済面のメリットもあります。

新規に申し込むなら、出発の1ヶ月前くらいに海外で使えるカードに加入の手続きを済ませておきたいところです。通用度が高いのはMaster 、VISAなど。

海外で最も便利なのはクレジットカードを持つことで正直クレジットカードは不可欠!!これで買い物はもちろんタクシーも乗れるし現金まで引き出すことも可能です。(しかし、一部のレストランなどでは取り扱っていない所もあるので注意が必要)

※又、クレジットカードはホテルやツアーに参加する時に提示を求められる時もあるので必ず持っていくようにしよう!VISAとMaster cardの両方を持っているととても便利!

クレジットカードの暗証番号は必ず覚えておくこと!覚えていないと使えないところがほとんどです。尚、新規クレジットカード入会を考えている方は日本で最もポピュラーな「三井住友VISAクラシックカード」をおススメします!!

 

国際キャッシュカード

日本の口座に入金してあるお金を、海外で現地通貨で引き出せるカードが国際キャッシュカードです。各金融機関などでそれぞれの商品があるので問い合わせてみると良いです。

カードにはシーラスやプラスなど提携機関のマークが記載されており、同じマークの記載されているATMでお金を引き出すことが出来ます。ATMはニュージーランドのたいていの都市に設置されています。手数料は利用金融機関やカードの種類、提携機関、また利用するATMによって異なってきます。

 

エフトポス

エフトポスEFTPOSとは、キャッシングカードで支払って銀行口座から直接引き落とせる機能(手数料は各銀行別)のことです。クレジットカード使用の際、同じ読み取り機械を使うことが多いです。※現地の人はこれを使っています!

 

お金に関する質問

両替はどこでできますか?

両替は、国際空港や市内の銀行内の外貨両替ブースで可能です。空港でも、市内の銀行と同じレートで両替ができます。銀行は月曜から金曜まで、午後4時半には閉まるので、それ以外の時間帯は街中にある両替所や免税店、ホテルで両替することになります。

また、小さな街では両替ができないこともあるので、大きな街にいる間に多めに両替しておくと良いでしょう。

日本円をニュージーランド・ドルに両替する際に適用されるのは、「BUYレート」で、数字が低ければ低いほど、レートが良いといえます。反対に、ニュージーランド・ドルを日本円に両替するときは、「SELLレート」が適用され、数字が高ければ高いほど、レートが良いといえます。

 

クレジットカードは使用できますか?

ショッピングではもちろんのこと、街中のATMでニュージーランド・ドルの現金が引き出せたり、公衆電話もクレジットカードで支払えたりします。また、身分証明書としても利用できるほか、ホテルなどの宿泊施設やレンタカーを借りる際に、保証金の代わりにクレジットカードの番号を控えられることがあります。

オークランドやクライストチャーチなどの大都市では、VISA、MasterCard、American Express、Diners、日本のJCBが使えます。ただし、都市部を離れるとVISAやMasterCardのみ、というところが多くなります。

 

トラベラーズチェックは利用できますか?

現金よりも両替レートが良く、紛失しても再発行が可能なトラベラーズチェック。ホテルや一部の店ではトラベラーズチェックを使用することができます。利用方法としては、日本円建てで作ったものを、現地の銀行でニュージーランド・ドルに換金するのがおすすめです。ただ、今の時代使っている人はほとんどいないの現状です。

 

チップの制度はありますか?

ニュージーランドのレストランやバー、ホテルなどでサービスを受ける際にチップを渡す必要はありません。しかし、親切にしてもらったり、特別なサービスを受けたりした場合に、感謝の気持ちとしてチップを渡すことは個人の判断に任されています。

 

旅行者にもかかる税金はありますか?

ニュージーランドでは、すべての商品やサービスにGST(Goods & Services Tax)という日本の消費税に相当する税金がかかります。税率は15%です。ただ、表示価格にはこのGSTがすでに含まれているので、そのままの価格を支払えばOKです。ショップやレストランによっては、レシートにGSTの内訳を表示しています。

また、ニュージーランドの法律で、祝祭日に働くスタッフには特別な手当てが出されます。そのため、祝祭日に食事をすると、レストランによっては10~20%の祝祭日サービス代が加算されます。

 

旅行者への税金還付の制度はありますか?

ニュージーランドには、旅行者のための税金還付制度はありません。ただし、ショップによってはある程度高価な買い物をして、海外の住所へ郵送してもらう場合、GST分の割引を行っています。