NZ航空の割引セール実施中!エコノミーが往復89,000円から!割引運賃適用の航空券はこちらをクリック!

え!?テカポの星空より北海道のほうが綺麗!?ニュージーランドの星空は見るべき?

え!?テカポの星空より北海道のほうが綺麗!?ニュージーランドの星空は見るべき?
画像: Plane Sailing

ニュージーランドを言えば「星空」が有名ですよね?

特に、南島にあるテカポは世界的にも星空が綺麗な場所として認知されていまして、日本でもよくテカポ特集をしており、実際に多くの日本人観光客が訪れています。

確かに、テカポは星空が綺麗に見れるように街全体で工夫していることもあって、綺麗に見えることは間違いないのですが、実際に私自身の経験から「そこまで綺麗か?」「北海道のほうが綺麗だった!」とちょっと思っていたりもしまして、実は北海道出身の方も同じような感想を持っていましたので、今回はそのことについて少しシェアしてみたいと思います。



テカポって?


画像: Aroha Tours

テカポは、ミルキーブルー色をしたテカポ湖の湖畔にある小さな街のことで、ほかの街からは遠く離れていてまわりも山々に囲まれているため、とにかく余計な光りが一切入りません。

それが要因ともなって、ここでは星空が他の場所よりも綺麗に見えるということになります。

テカポは夜の星空が綺麗なのはもちろんのこと、実は、昼間もとても綺麗な光景が広がります。

先程紹介したように、テカポの街に面するテカポ湖はミルキーブルー色をしていまして、これは日本では絶対に見れない光景ですので、その綺麗さに感動すること間違いありません。特に晴れている日は太陽の光でより一層綺麗に色が映えますから、見応えあります。

昼間のテカポ湖↓


画像: Backpacking Matt

さらに、湖畔には「善き羊飼いの教会」がありまして、この教会の中から望むテカポ湖の景色もまた素晴らしいものがあります。

この小さな街にはスパがあり、近くには「マウント・ジョン」というテカポの街とテカポ湖を一望できる山があり、お昼には美味しいサーモン丼も食べれますので、テカポは昼夜問わず観光を満喫できる街なのです。

街全体で工夫!世界遺産に登録!?


画像: Stuff.co.nz

テカポは綺麗な星空を観察できるように、街をあげて工夫しています。

例えば、街灯の電気に覆いを付けてなるべく明かりが漏れないようにしていたり、宿泊施設などの建物から明かりが漏れないように夜は必ずカーテン等をしたり…。

実際に私が宿泊していた宿「YHA」のラウンジでは、夜になるとスタッフの方が大きなカーテンをしていました。

このように街をあげて少しでも綺麗な星空が見れるように工夫していることも影響して、テカポでは実際に綺麗な星空を見ることができるのです。

また、ここテカポの星空を世界遺産に登録しようという動きもあります!

もうこれは何年間もずっと言っているのですが、一向に世界遺産に登録されないのはココだけの話にしておいてください^^;

いずれ世界初の世界遺産として登録される…..はず!

アクセス方法/行き方

テカポへは「車」か「バス」でしかアクセスできません。

空港はありませんし、鉄道もありません。

レンタカーを借りている方は、クライストチャーチかクイーンズタウンから約3時間でテカポへ行くことができますし、バスの場合もどちらかの都市からバスが出てますので、それに乗ればOK!

個人的にはInterCity(インターシティ)というバスがおすすめ!日本にいながら公式ホームページから座席予約ができますし、とにかくバスが綺麗で快適ですので、ぜひInterCityに乗りましょう。

公式サイト:InterCity(英語)

滞在おすすめ(ツアー等)

テカポへは最低でも1日以上は滞在しましょう。

よくここを日帰り(バスの休憩など)で通過してしまう方がいるのですが、ここテカポ最大の魅力は昼間と夜間の両方になりますし、日帰では星空は見れませんので、最低でも1日、いや、晴れなかった時を考えて最低2日間は滞在したいですね。

色々なタイプの宿がありますので、好みの宿に宿泊すればOK!

もしなるべく安くて快適な宿に泊まりたいというのでしたら、私がよく利用している「YHA」というニュージーランド全土にあるホステルをお勧めします!旅の情報などもここで簡単に手に入ります。

公式サイト:YHA(日本で予約可能)

テカポでは、スパに入り、テカポを一望できるマウント・ジョンの頂上へ行き、美味しいサーモン丼を食べ、善き羊飼いの教会の周辺で写真を撮ったり…しましょう。

正直1日あれば十分すぎるほど小さな街ですが、やっぱり星空は見ておくべきですから、万が一のことを考えてやっぱり2泊はしておきたいところです!

また、星空観察は夜どこにいても見えますが、もっと綺麗な星空を見たければ、日本人が運営の星空ツアーに参加するのもアリですね。このツアーでは、夜にマウント・ジョンの山頂にある展望台へ行き、そこから星を観察します。

山の上ということもあって、まったく周囲の灯りがありませんので、抜群に星空を眺められますよ!

ツアーは以下から日本語サイトにて予約可能です。

公式サイト:Earth&Sky



星の数的に北海道に軍配!?


画像: Runaway Juno

テカポの星空が綺麗なことは間違いありません。

写真ではなく肉眼でも結構な数の星を見ることができますし、夜空満点の星空を観察できて感動することは確実です!

ただ一方で、「これくらいなら北海道でも見れるよ!」と個人的には一瞬思ってしまいました^^;

日本ではあまり目立って聞きませんが、北海道の星空もなかなか素晴らしいものがあります。もちろん、大きな街があったりする場所ではそうでもないですが、北海道でも本当にまわりに何もない所(私の場合は宗谷岬周辺)ですと、息を飲むほどの夜空満点に輝く星空が見れます。

正直、あの時見た北海道の星空の数が個人的にはNo.1です!

星の数で言うなら、おそらくテカポより多いのでは!?と思います。

もちろん、見る場所や時期、その日の天候によっても見える状況は異なると思いますので一概には言えませんが、とにかく言いたいことは「別にテカポがとりわけ綺麗ということではない」ということです。

日本ですと「テカポの星空は凄い!」の連発ですが、テカポほどの星空は北海道でも見れるよーと言うのは声を大にして言いたいですね!

北海道出身の友人も同じ感想!

このことは、北海道出身でテカポの星空を見たことがある友人も話していました。

「もちろんテカポも綺麗だけど、北海道も負けず劣らず綺麗だ」と。

「星の数ではむしろ北海道のほうが多いのでは?」と言っていたのには私も同意ですね!



天の川は綺麗に見える!


画像: Stuff.co.nz

星の数は北海道でも同じくらいの数を見られると書きましたが、「天の川」に関してはテカポのほうが見えやすいと思います。肉眼でもギリギリ見えるくらいです!

私自身も、北海道ではさすがに天の川までは見れませんでしたが、テカポでは肉眼で「あれか!」っていうくらいですが見ることができてしまうのです。

そして、星空撮影がメインならば、これは確実にテカポをお勧めしますね。

テカポの湖畔には「善き羊飼いの教会」がありまして、これと天の川の両方を1枚の写真に入れるのが最も良い1枚になると思います!「これぞまさにテカポの星空(天の川)」というような素敵な写真が撮れますよ!

ちなみに、別にプロではない初心者でも、しっかり星空を撮れるカメラ設定にしておけば、誰でも簡単に素敵な星空写真を撮ることができます。

星空×天の川を撮りたい方はテカポは最高です!

 

年に数回はオーロラも!


画像: Scenic Pacific Tours

驚くことに、テカポでは星空とセットでオーロラを見れる可能性があります。

ただ、「可能性」と書いている通り結構な頻度で見れるというわけではなく、年に数えるほどしかありませんので、超運が良ければ見れることもある、ということです。

しかもオーロラの色は南半球独特な色ですので、これ目当てで訪れる人も意外と多いのです!

時期的には空気が澄む冬(6〜8月)が最もおすすめですが、この時期に長時間外にいるのは結構キツイですね。

これは冬に限らず、テカポで星空観察をするなら防寒対策は必須です!私は晩秋に星空を夜数時間撮っていたのですが、寒くて凍りそうになったことがあります^ ^

日中との寒暖差がありますので、ぜひ夏や春、秋でも暖かい格好をして、万全な体制で星空観察&撮影をしましょう!



まとめ

ニュージーランド、特にテカポの星空は綺麗ですので見に行く価値はあります!

ただ、一般的に言われているほど超超凄いかと言われれば、「まー北海道の田舎でも見れるよー」という感じですので、期待し過ぎるのはやめたほうがいいですね。

日本の首都圏、大都市に住んでいる人からすれば間違いなく感動するような素晴らしい星空が見れますので、都会っ子はぜひ行って見てほしいと思いますね!

唯一の直行便はNZ航空

CTA-IMAGE 日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しているニュージーランド航空。

フライト時間は片道約11時間で、日本からは成田空港、羽田空港、関西空港(季節便)の3ヶ所から行くことができます。

世界航空会社ランキングでも毎年上位にランクインしており、実際に搭乗した日本人からの口コミ・評価も高いため非常にオススメです。