NZ航空がワールド・ベストプレミアムエコノミークラスで第1位を獲得!

NZ航空がワールド・ベストプレミアムエコノミークラスで第1位を獲得!


画像: KarryOn

世界中の航空会社を格付けしているスカイトラックス社は、この度、2018年度の格付けを発表しました。

そして、座席別部門のワールド・ベストプレミアムエコノミークラスにおいて、見事ニュージーランド航空が第1位を獲得!

この部門では1999年以来これまで何回も1位にランクインしているようです。

搭乗する機体によっても異なりますが、ニュージーランド航空のプレミアム・エコノミーはとても快適です。ニュージーランド航空の最上級クラスは「ビジネス・プレミア」になりますので、プレミアム・エコノミーはほかの航空会社でいうところの「ビジネス・クラス」に該当すると思います。

ですので座席はビジネスクラス並みの広さがあり、ワインや食事も通常のエコノミー・クラスとは異なり豪華になっていますので、まさにワンランク上の体験ができます。

シートの快適さや料理やワインなど、あらゆる面において評価され今回も見事1位にランクインした次第です。

以下がプレミアム・エコノミーのランクトップ10になります。

1位:ニュージーランド航空
2位:カンタス航空
3位:シンガポール航空
4位:ルフトハンザドイツ航空
5位:エールフランス航空
6位:アエロフロートロシア航空
7位:エバー航空
8位:日本航空(JAL)
9位:バージンオーストラリア
10位:チャイナエアライン



また、座席別ではなく総合部門では、前回の第19位から2つランクアップして第17位にランクインしています。

格付けはその格付けを行う会社によって異なっており、ほかの会社の格付けではニュージーランド航空はもっと上位にランクインしていたりします。

今回のスカイトラックス社の総合ランキングは以下の通り。(1〜20位)

1位:シンガポール航空/前年2位
2位:カタール航空/前年1位
3位:全日空(ANA)/同3位
4位:エミレーツ航空/同4位
5位:エバー航空/同6位
6位:キャセイパシフィック航空/同5位
7位:ルフトハンザ航空/同7位
8位:海南航空/同9位
9位:ガルーダ・インドネシア航空/同10位
10位:タイ国際航空/同11位
11位:カンタス航空/同15位
12位:スイスインターナショナルエアラインズ/同14位
13位:日本航空(JAL)/同16位
14位:中国南方航空/同23位
15位:エティハド航空/同8位
16位:オーストリア航空/同17位
17位:ニュージーランド航空/同19位
18位:ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)/同12位
19位:KLMオランダ航空/同22位
20位:香港航空/同24位

 

まーおそらく日本の格付け会社が格付けしたら違う結果になるんでしょうね^^;

その国の人によって「何が良いのか」なども違うと思いますし、そもそも評価するポイントも全然違うと思いますので、日本の会社も(あるんですかね?)ぜひこのような世界の航空会社の格付けを発表してほしいと思います!

ということで、今回の格付けでもニュージーランド航空は一応20位以内には入っていますので、航空会社の中では割と評価されているのではないかと思いますし、個人的にはもう少し上なのでは?なんて思っていますね^ ^

【公式サイト】ニュージーランド航空

 

ニュージーランドへの唯一の直行便

CTA-IMAGE 日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しているニュージーランド航空。

フライト時間は片道約11時間で、日本からは成田空港、羽田空港、関西空港(季節便)の3ヶ所から行くことができます。

世界航空会社ランキングでも毎年上位にランクインしており、実際に搭乗した日本人からの口コミ・評価も高いため非常にオススメです。