NZ航空が5年連続で世界一の航空会社に選ばれましたが…実際は?

NZ航空が5年連続で世界一の航空会社に選ばれましたが…実際は?
画像: TheDesignAir

日本とニュージーランドの間で唯一直行便を運航しているニュージーランド航空が、またしても航空会社を評価するオーストラリアのサイト「エアラインレーティングス」で世界No.1に選ばれました!

総合トップに選ばれたのはこれで5年連続とのこと!

あらゆる項目において評価されるのですが、どうやらほとんどの項目においてニュージーランド航空は首位にランクインしているそうです。

以下がランク10位までの航空会社になります。

1位 ニュージーランド航空

2位 カンタス航空

3位 シンガポール航空

4位 ヴァージン・オーストラリア航空

5位 ヴァージン・アトランティック航空

6位 エティハド航空(アラブ首長国連邦)

7位 全日空

8位 大韓航空

9位 キャセイパシフィック航空(香港)

10位 日本航空

 

この順位を見ると、ヴァージン・アトランティック航空を除いて、すべてアジアとオセアニアの航空会社が選ばれています。また、オーストラリアで運営されているサイトが評価しているため、上位にはオーストラリアの航空会社が名を連ねていますね。

ちなみに、日本の航空会社(ANAとJAL)も2社ランクインしています。



実際はどうなの?

今回のランキングのみならず、航空会社を評価するあらゆるランキングで常に上位に位置しているニュージーランド航空ですが、実際に搭乗してみた感じはどうなのでしょうか?

私自身、何回かニュージーランド航空に乗ったことがありますが、第一印象としましては、「綺麗」「丁寧」の2点が挙げられます。

ニュージーランド航空の機内はとても綺麗でよく清掃されています。欧米やアジアなどの航空会社はあまり綺麗なイメージはないのですが、ニュージーランド航空は本当に綺麗です。日本のANAやJALと同じくらいの綺麗さです!

ですので、綺麗好きな人が多い日本人にはとても向いています。

そして、客室乗務員の方々はとてもフレンドリーで丁寧な印象もあります。

何を聞いても嫌な顔せずフレンドリーに答えてくれますし、笑顔で優しいですね。

万が一何かあったとしても、どこかの航空会社みたいに乗客を殴って無理やり引きずり降ろす、なんていうことは恐らく起こらないでしょう 笑

 

また、ニュージーランド航空はコストパフォーマンスがいいと感じますね。

よく期間限定で運賃の割引セールを行っているのですが、それを利用すると日本との往復航空運賃を8万円や9万円で購入できることがよくあるのです。

ニュージーランド航空は大手航空会社ですので、日本では言えばANAやJALにあたります。

それが、飛行時間11時間のロングフライトな区間にも関わらず、往復10万円を切る運賃で乗ることができるのです!片道5万円以下になりますから、とんでもなくお得ですよね。しかも、日本からは成田空港と羽田空港と関西空港の3つの空港からフライトが出ています!

こんなに安いにも関わらず、綺麗な機内で丁寧な接客を受けられるので、個人的にはコスパが非常に優れていると思っている次第です…。

 

NZへ行くなら選択肢は一つ!

冒頭で書いたように、日本とニュージーランドを唯一直行便で結んでいるのはニュージーランド航空だけになります!

ほかの航空会社を利用すると、必ず第3国でトランジット(乗り換え)が必要になりますので、乗り換えが不安な方や海外旅行に慣れていない方などは出来れば避けたいところです。

ですので、もしこれからニュージーランドへの渡航を考えているのでしたら、間違いなくニュージーランド航空の利用をお勧めします。

すでに紹介したように、綺麗で丁寧でフレンドリーですので、日本人にはぴったりな航空会社だと思います。

航空券の予約はニュージーランド航空公式サイトがお得です。

唯一の直行便はNZ航空

CTA-IMAGE 日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しているニュージーランド航空。

フライト時間は片道約11時間で、日本からは成田空港、羽田空港、関西空港(季節便)の3ヶ所から行くことができます。

世界航空会社ランキングでも毎年上位にランクインしており、実際に搭乗した日本人からの口コミ・評価も高いため非常にオススメです。