2017年7月21日以降にNZへ渡航する人は便利な羽田空港から!

2017年7月21日以降にNZへ渡航する人は便利な羽田空港から!

すでにご存知の方もいると思いますが、2017年の7月21日(金)からニュージーランド航空は羽田空港とオークランドを結ぶ直行便を運行する予定でして、特に都内や首都圏、地方に住んでいる方にとっては、ニュージーランドが一段と行きやすくなりました!

都内に住んでいる方からすれば、成田空港よりも羽田空港のほうが断然近いのは言うまでもなく、成田空港となると、行くだけで時間もお金も掛かってしまいます。

また、地方に住んでいる方もこれまでわざわざ成田空港へ行かなければならなかったのが、地方から飛行機で羽田空港までやってきて、そのまま乗り換えてニュージーランドへ行くことができるのです。

こんなメリットだらけの「羽田発オークランド着」。

羽田空港は国際線用のターミナルもあるため、近年は国際線が次々と羽田に乗り入れており、今回ニュージーランド航空もその波に乗って乗り入れを決定したのです。羽田空港は「世界一発着料が高い」とも言われており、これまでなかなか参入することができなかったのですが、規制を緩めたのか、現在は続々と羽田に進出してきています。

さて、今年の7月21日以降にニュージーランドへ渡航される方がいましたら、是非羽田空港からニュージーランドへ行ってみることをおすすめします!



NZ航空 念願の羽田発!

現在、日本とニュージーランドの間で直行便を運航しているのはニュージーランド航空(NZ航空)のみとなっています!そして、先程から紹介しているように、これまでは成田空港と関西国際空港からしか直行便がなかったのですが、7月21日からは羽田空港から直接行けるようになるのです。

 

運航日

成田空港発の直行便は毎日運航されているのですが、新たに就航する羽田発の便は毎日ではなく曜日がすでに決められています。羽田発の便は毎週月曜日木曜日土曜日の3日のみとなり、逆に復路のオークランド発羽田着の便は水曜日金曜日日曜日の3日運航されます。

出発時間は、成田空港発が18時30分なのに対して、羽田発は夜中1時となっています。これは恐らく発着料が安い夜中を選んだのではないかと思います。

オークランドに実際に到着するのは現地時間14時40分を予定しています。

この羽田発の便がとても便利な点は、この到着時間にあります!オークランド国際空港に到着後、恐らく多くの人はそのままオークランド市内へ行きホテルに泊まると思うのですが、この時間に到着するとちょうどチェックイン時間と重なるため、ホテルに直行して即チェックインすることが可能なのです!

成田発の便ですと到着するのが朝の8時45分ですので、ホテルのチェックイン時間には6時間くらい待つ必要があり、大きな荷物を持っている人にとっては悩みの種でした(宿泊施設によっては預けられますが…)。日本みたいにコインロッカーがあるわけではないので、本当に不便だったのです。

逆に、オークランド国際空港から羽田空港へ帰ってくる場合、オークランド空港を14時30分に出発し、羽田に到着するのが大体23時くらいになる予定です。

特別遅れたりしない限りは電車もまだ運行していますし、都内に住んでいる人だったら十分自宅へ帰ることができます。一方、地方から来ている人で翌日飛行機を乗り換える人は、羽田空港内のカプセルホテルや周辺のホテルに泊まることができるのです。

 

航空運賃

「羽田発オークランド着」の航空運賃は、成田発の便の航空運賃と基本的に同じになっています。羽田空港から行けるからといって、特別高い運賃が設定されているわけではありません。

ちなみに、セールが実施されていない通常の運賃ですと、大体往復11万円から14万円くらいとなっています!

 

航空券の購入

この羽田発直行便の航空券を予約・購入するには、ニュージーランド航空公式サイトの利用がおすすめです。渡航したい日にちや空港を選択するだけで直ぐに航空運賃が表示され、必要事項を入力していくとスムーズに航空券を予約することができます。

また、サイト上で予約内容の確認をしたりすることもできますのでとても便利ですね。

公式サイト自体も非常に使いやすくなっていますので、是非使ってみてください!

 

唯一の直行便はNZ航空

CTA-IMAGE 日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しているニュージーランド航空。

フライト時間は片道約11時間で、日本からは成田空港、羽田空港、関西空港(季節便)の3ヶ所から行くことができます。

世界航空会社ランキングでも毎年上位にランクインしており、実際に搭乗した日本人からの口コミ・評価も高いため非常にオススメです。