ニュージーランドの物価は普通に高い!

ニュージーランドの物価は普通に高い!

よくガイドブックなどで「ニュージーランドの物価は安い!」なんて描いてあるものを見ますが、実際のところはニュージーランドの物価は高いです!

日本とほぼ変わらないか、高いことがほとんどなのです。現在のニュージーランドドルは1ドル大体83〜84円の間を行ったり来たりしている状態です。

 

以下がニュージーランドドルの推移になります↓

 

2009年は急激に下がり1ドル45円近くまで落ちましたが、これは世界経済の影響もあったためであり滅多にこんなことはありません。それ以来は徐々に上がっていき現在の約83〜84円に辿り着きました。

私がニュージーランドに1年間住み始めた時は2012年の5月頃で、当時は1ドル58円だったことを覚えています。当時は「ニュージーランド安いな〜」くらいにしか思っていなかったのですが、滞在している間にみるみる上がっていき、最終的に1ドル78円にまで上がってしまいました。

ニュージーランドドルは全く安定していないため、1年間でこれだけの変化が普通に起こるのです。もし、1ドル58円と78円じゃ換金する時にだいぶ差が出ますし、同じ10ドルの商品を買っても580円と780円ですからだいぶ違います。

 

物価が安い時期もあった!

確かにニュージーランドには日本人の我々からすると物価が安い時期はありました。しかし、それはもう過去のことで現在は決してそんなことはありません。もし「物価が安い!」なんて書かれているガイドブックがあったらそれは古いガイドブックです。今は普通に日本と同じかそれ以上だということを頭に入れておきましょう!

 

ビッグマックが9ドル

ニュージーランドのマクドナルドではビックマックのコンボ(セット)が大体9ドルで売られています。現在の1ドル=84円で計算するとビックマックのセットは756円ということになります。これは日本よりも若干高いですよね。よくビッグマック指数で世界の物価が計られますが、ビッグマックから判断するとニュージーランドの方が日本よりも物価が高いことになります。

 

まとめ

はじめにも書きましたが、ニュージーランドの物価は決して安くはありません!「ニュージーランド=物価が安い」と思っている人は今すぐに認識を変えましょう!

また、ニュージーランドへ旅行する場合にはビッグマックがあの値段なので、まともなレストランに入ればそれなりに取られてしまいますし、アクティビティなどをすると数万円は普通に取られてしまいます。

ニュージーランドへの唯一の直行便

CTA-IMAGE 日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しているニュージーランド航空。

フライト時間は片道約11時間で、日本からは成田空港、羽田空港、関西空港(季節便)の3ヶ所から行くことができます。

世界航空会社ランキングでも毎年上位にランクインしており、実際に搭乗した日本人からの口コミ・評価も高いため非常にオススメです。